痛み

  1. 腰の痛みと足のしびれ【腰椎椎間板ヘルニア】症状・原因・治療まとめ

    1.腰椎椎間板ヘルニアについて椎間板とは背骨の各骨の間にあるクッションのような組織を椎間板と言います。椎間板を輪切りにすると外側は靭帯や線維輪という組織で、一番内側に髄核というゲル状の組織で成り立っています。ヘルニアとは逸脱という意味で、本来あるべき場所にないことを指します。
    続きを読む...

  2. 反り腰との関係は?腰痛と足の痺れ【腰椎分離・すべり症】症状・原因・治療まとめ

    1.腰椎分離症・分離すべり症について腰椎分離症・分離すべり症とは、何らかの原因により腰の骨にある関節の突起部分が分離することを腰椎分離症といいます。分離症により腰の骨が前方あるいは後方に滑りが加わることを腰椎分離すべり症といいます。
    続きを読む...

  3. 胸が痛い・背中が痛い・脇腹が痛い【肋間神経痛】症状・原因・治療まとめ

    1.肋間神経痛について肋間神経痛とは、病名ではありません。「肋間神経に沿って痛みの出る症状」を指す言葉で、症状に付けられた名前です。肋間神経とは肋骨に沿って走る神経のため、痛みは肋骨に沿って背中、わき腹、胸などに現れます。
    続きを読む...

  4. 幼稚園男児の足の痛み【第1ケーラー病】症状・原因・治療まとめ

    1.第1ケーラー病とは3歳から7歳ぐらいの小児の足部に、繰り返し圧迫力がかかる事により、足部の舟状骨が骨壊死を起こす疾患で、足部の骨端症の1つです。
    続きを読む...

  5. 見逃されやすい足首の捻挫【二分靱帯損傷】症状・原因・治療まとめ

    1.二分靱帯損傷について二分靱帯とは、上の図の緑色の部分の外くるぶしのななめ前辺りにある、Yの字を横にしたような形の靱帯のことです。このY字型の靱帯の損傷を二分靱帯損傷と言います。多くは足を内側に捻って二分靭帯に牽引力がかかり受傷します。
    続きを読む...

  6. ピリピリ・チクチク、痛みと痒みの湿疹【帯状疱疹】症状・原因・治療まとめ

    1.帯状疱疹について帯状疱疹とは背中や胸に帯状の疱疹(ほうしん)ができることをいいます。他にも肩や腕、腰などの全身にも起こります。原因は昔水痘にかかったことがあり、免疫力の低下などをきっかけにこれらのウイルスが再活性化することで発症します。
    続きを読む...

  7. 小学生の踵の痛み【セーバー病(踵骨骨端症)】症状・原因・治療まとめ

    1.踵骨骨端症(Sever病)について踵骨骨端症とは過度な運動により筋肉や腱膜に引っ張られ、踵の骨に炎症が起こることをいいます。10歳前後の男児に多く発生し、踵がつけなくなって爪先で歩いたり、足を引きずるような跛行(はこう)という症状がでます。
    続きを読む...

  8. 足首の捻挫の後遺症?【足根洞症候群】症状・原因・治療まとめ

    1.足根洞症候群とは?足根洞とは、外くるぶしの下にある足根洞と言われる洞穴状になっている部分のことを言います。距骨と踵骨と言う骨で構成されており、この部分に何らかの異常があり、痛みや歩行時の不安定性と言った症状が出るものを足根洞症候群と言います。
    続きを読む...

  9. 足の内側の痛みと腫れ【外脛骨】症状・原因・治療まとめ

    1.外脛骨について外脛骨とは足にある舟状骨の内側にできる過剰骨(余分な骨)のことをいいます。日本人の約15%に外脛骨がありますが、通常痛みはありません。しかし足部に負担がかかったり捻挫などをきっかけに痛みを生じます。これを有痛性外脛骨と言います。
    続きを読む...

  10. 足裏の痛み【足底腱膜炎(筋膜炎)】症状・原因・治療まとめ

    1.足底腱膜炎について足底腱膜とは、足底の踵から指先まで付着する腱膜をいいます。この部位に炎症が起こることを足底腱膜炎と言います。足底の痛みがあり、特に朝の一歩目に痛みを伴うことが多いです。スポーツ選手では練習後に痛みが悪化します。
    続きを読む...

  • メールでのお問い合わせ
    ※お問い合わせの前に、必ず下記の「治療をお断りする場合」をご覧ください。
  • 治療をお断りする場合
  • 杏総合治療所の治療の流れ
  • 杏の日記
  • 臨床研究
  • よくある質問"
  • 患者様の声"
  • 研修生の声
  • 研修制度について
  • 求人情報

メディア掲載情報

  • クロワッサン
  • パクロス
ページ上部へ戻る
杏総合治療所
◆住所
 〒534-0021
 大阪市都島区都島本通2-11-8
 アベニール1F
◆お問い合わせ
お問い合わせ