アーカイブ:2014年 1月

  1. 時計描画テスト

    以前書いた『原発性進行性非流暢性失語症』の診断が出ている患者さんです。主訴は『しゃべれない』なのですが、初診時、いくつかの所見と診断名が結びつかず、矛盾があったので神経内科に紹介した患者さんです。
    続きを読む...

  2. 原発性進行性非流暢性失語症

     「原発性進行性非流暢性失語症」の新患さんが来院されました。2年ほど前、嗄声(声のかすれ)、咽喉(のど)の違和感が現れ、「風邪だろう」と考え、近くの耳鼻科に受診されました。
    続きを読む...

  3. 認知症を考える。その2

    「認知症を考える」の続きです。認知症について偉そうに書き綴ってますけど、実は私もほんの数年前まで、全く理解していなかった。恥をさらしますが。いや、教科書的な理解はちゃんとしてましたよ。もちろん。医療系国家資格保持者ですし、学校教員ですから。一応(笑)。
    続きを読む...

  4. 認知症を考える。

     症例1は15年位前に鍼灸整骨院で院長代理を務めていた頃のものです。症例2は10年位前、整形外科に勤務していた頃で、症例3は開業して間もない頃ですから、5年程前です。わざわざ、こんな古い症例を提示したのは理由があります。
    続きを読む...

  5. 赤ちゃんの体重は目安です。実際に見て触って確かめて!

     先日、便秘で治療したSさんとこのYちゃんが、定期治療に来ました。その後、順調に便が出ているそうです。やっぱりオレって天才(笑)。 困っていることは全くなく、順調そのもので元気も機嫌も良いようです。Sさんに相談されました。
    続きを読む...

  6. 認知症 症例3 90代女性

    症例3 90代女性【主訴】股関節痛、腰痛【その他】認知症症状【病歴】朝起こしに行った家人の話によると、床に座って立てなくなっていたとのこと。夜間ベッドから落ちたらしい。
    続きを読む...

  7. 認知症 症例2 80代女性

    症例2 80代女性【主訴】肩と首の痛み【その他】物忘れ、妄想、過食と拒食の反復、軟便下痢、不眠、嗜眠(眠たがる)【病歴】さしたる原因無く、首肩の痛みが発症したため、整形外科受診。
    続きを読む...

  8. 認知症 症例1 70代男性

    認知症 症例1 70代男性

    症例1 70代男性【主訴】①記銘力の著しい低下(数秒前の会話を覚えていられない)②徘徊【その他】腰痛、鼻出血(風呂に入ると)、尿もれ【病歴】元内勤の警察官で定年後、1~2年で認知症を発症。
    続きを読む...

  • お電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
    ※お問い合わせの前に、必ず下記の「治療をお断りする場合」をご覧ください。
  • 治療をお断りする場合
  • 杏の日記
  • 臨床研究
  • よくある質問"
  • 患者様の声"
  • 研修生の声
  • 研修制度について
  • 求人情報

メディア掲載情報

  • クロワッサン
  • パクロス
ページ上部へ戻る
杏総合治療所
◆住所
 〒534-0021
 大阪市都島区都島本通2-11-8
 アベニール1F
◆TEL&FAX
 06-6925-2323