子供の治療ブログ, 症例

夜尿症と夜泣きの原因と対策は?

LINEで送る
Pocket

f8e0795173779770d9bf031d56e8f342_s

 

今年から診ている兄妹。素晴らしく成果が上がってる。だから子供の治療は大好きだ。

小学生の兄は夜尿症と足腰が弱く疲れやすい。体も小さい。幼稚園の妹は夜鳴きとアトピー。

 

なんと言っても、ご両親の頑張りが素晴らしい。

それに尽きるだろう。難しいことを指示しているが、予想以上に頑張っている。

子供達もどんどんお利口になってる。体調が上がればココロもカラダも落ち着いてくるものだ。

言いにくいことだが、はっきり言えば、子供の症状の多くは、ご両親にかかっている。

もちろん、子供が可愛くない親はいない。すべて良かれと思ってやっているはずだ。

しかし、現代の氾濫する情報に振り回されて、誤りを必死に実行していたりする。

 

特に新しい知見は注意が必要だ。人間の浅はかな考えは裏目に出ることが多い。

私が子供の頃は、粉ミルクが「カラダが大きくなる」、「骨が強くなる」と言って、医師をはじめ日本中が推奨していた。

アメリカのローカルな意見が、さも先進的で科学的な確定事項のように「アメリカでは~」と語られていた。

そして、人工乳の問題点が明らかになってくると、今度は一気に「母乳原理主義者」が台頭してきて、いつでも、どんな時でも母乳でなくては、という風潮に傾いてしまった。

 

私は、乳児に母乳が最良なことは否定しない。しかし、体調の悪い母親の母乳は人工乳に劣ると考えている。

例えば、乳児の理由無き乳吐き、夜鳴き、疳の虫は、体温計に表れていなくても、脈診や舌診、気色診と言った東洋医学的診察法や、二便、

汗、口渇の有無などの東洋医学的所見に「熱」がはっきりと認められることが多い。

漢方に母子同服の処方があることは、それを別の面から示唆している。

その時に最良と思われても、後から当時は可視化されなかった事実が判明して、前に最良とされていた事が覆される。

特段、珍しいことでは無く「進歩」とはそうしたものだ。以前のエントリの図は、ここでも有効だ。

「経験則」はそうした可視化されない事柄も含んでいる。

したがって、子育てのように後から取り返しのつかない行動、判断には、安全性の面から「経験則」を積極的に活用すべきだろう。

 

「本を読まずにあんたの母親に聞け。」

 

子育て中の母親には、いつもそう答えている。最近のおばあちゃんは、かなり怪しくなってきたが(笑)。

 

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
大阪府大阪市都島区で「不妊症」の鍼灸治療なら 杏総合治療所
谷町線都島駅から徒歩30秒。
JR環状線桜ノ宮駅より徒歩8分。
健やかな妊活、穏やかな出産、賢い子育てを手助けします。

◆Webサイト:http://an-sogo.com/
◆電話でのお問い合わせ:06-6925-2323
◆メールでのお問い合わせ:info@an-sogo.com
◆診療時間:平日9:00~12:30・16:00~19:30
※火・木・土曜日は9:00~12:30
◆定休日:日曜
◆住所:〒534-0021 大阪市都島区都島本通2-11-8アベニール1F
◆駐車場:近隣のコインパーキングをご利用ください。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

LINEで送る
Pocket

関連記事

  • お電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
    ※お問い合わせの前に、必ず下記の「治療をお断りする場合」をご覧ください。
  • 治療をお断りする場合
  • 杏の日記
  • 臨床研究
  • よくある質問"
  • 患者様の声"
  • 研修生の声
  • 研修制度について
  • 求人情報

メディア掲載情報

  • クロワッサン
  • パクロス
ページ上部へ戻る
杏総合治療所
◆住所
 〒534-0021
 大阪市都島区都島本通2-11-8
 アベニール1F
◆TEL&FAX
 06-6925-2323