症例, 認知症

認知症 症例1 70代男性

LINEで送る
Pocket

認知症 症例1 70代男性

症例1 70代男性

【主訴】

①記銘力の著しい低下(数秒前の会話を覚えていられない)

②徘徊

【その他】

腰痛、鼻出血(風呂に入ると)、尿もれ

【病歴】

元内勤の警察官で定年後、1~2年で認知症を発症。

来院時には、特に②徘徊がだんだんとひどくなり、昼夜を問わず、独りで外出し、迷子になり、後輩の警官が連れてきてくれることもしばしば。

家人が目を離せず、奥さんは買い物にも行けなくなっていた。

私が腰痛症を治した息子さんに相談され、診ることになった。

【治療経過】

治療に入ると、治療中であることを忘れ、立ち上がるため、近くを離れられない。

しかし、徐々に離れられるようになり、それにつれ徘徊も減ってきたと家人。

3か月ほど経つと、腰痛を訴えなくなり、鼻出血も止まり、尿漏れも下着を濡らさなくなり、1人で治療に通えるようになった。

【解説】

東洋医学の症候分類「腎虚証」の代表的症状として、「腰痛」、「物忘れ」がある。

「尿漏れ」も「腎虚証」を支持する所見。

また、鼻出血は「腎虚」+「熱」の『腎陰虚証』と診立て治療した。

迷子になるのは、今来た道を忘れるからであり、1人で治療に通えるになったと言うことは、『記銘力』の低下が改善したからだと思われる。

 

関連記事

★認知症 症例1 70代男性

★認知症 症例2 80代女性

★認知症 症例3 90代女性

★認知症を考える。

★認知症を考える。その2

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
大阪府大阪市都島区にある鍼灸院 「アルツハイマー病」なら杏総合治療所
谷町線都島駅から徒歩30秒。
JR環状線桜ノ宮駅より徒歩8分。
東洋医学を正しく研究・実践・普及し、世界を治す。

◆Webサイト:http://an-sogo.com/
◆電話でのお問い合わせ:06-6925-2323
◆メールでのお問い合わせ:info@an-sogo.com
◆診療時間:平日9:00~12:30・16:00~19:30
※火・木・土曜日は9:00~12:30
◆定休日:日曜
◆住所:〒534-0021 大阪市都島区都島本通2-11-8アベニール1F
◆駐車場:近隣のコインパーキングをご利用ください。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

LINEで送る
Pocket

関連記事

  • お電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
    ※お問い合わせの前に、必ず下記の「治療をお断りする場合」をご覧ください。
  • 治療をお断りする場合
  • 杏の日記
  • 臨床研究
  • よくある質問"
  • 患者様の声"
  • 研修生の声
  • 研修制度について
  • 求人情報

メディア掲載情報

  • クロワッサン
  • パクロス
ページ上部へ戻る
杏総合治療所
◆住所
 〒534-0021
 大阪市都島区都島本通2-11-8
 アベニール1F
◆TEL&FAX
 06-6925-2323