an's diary 杏の日記, 下痢, 患者さんの声, 症例

【潰瘍性大腸炎】下痢が止まらない→鍼灸で寛解!

LINEで送る
Pocket

 体験談 下痢と腹痛が止まらない

去年の6月ごろから腹痛と下痢に悩まされた。

下痢は多い時には1日に15回以上になり、外に出るのが怖くて、家にいることが多くなった。

大きな病院で調べてもらったところ、潰瘍性大腸炎(※1)と診断された。

さらに「この病気は原因がわかっていないため、薬で症状を抑えることしかできない難病である」という説明を受けた時には正直ショックだった。

その後、病院へ何度か通い、薬を飲み続けるものの、一向に良くならないため、入院をすすめられ、入院した。

 

入院して一番つらかったことは食事だった。

1週間何も食べられず、ずっと点滴。

体力も落ち、動いたらすぐ疲れたり、フラフラし、最悪だった。

前の柔整の学校も途中で泣く泣く辞めた。

結局、一ヶ月弱入院し、症状は一時、治まり、また普通の生活が出来ると思った。

しかし、また、腹痛、下痢の症状が起こり、やはり治らない病気なんだなと改めて思った。

薬の量は増え続け、副作用でムーンフェイス(※2)になったりした。

 

早く薬を減らしたいと思っていた時に友人から杏総合治療所のことを聞いた。

少しでも良くなれば、少しでも薬が減ったらいいなと思い、紹介してもらった。

初めての鍼で緊張しつつ、1回目が終わって、良くなっているのかなと思った。

2回、3回してもらって、下痢の回数が1日15回もあったのに、一日数回にまで減った。

腹痛もいつの間にか無いし、1か月後の病院での診療で、良くなってきたから薬を減らそうと言われ、嬉しかった。

 

あんなに辛かったのに、今は普通に生活できているし、運動もできている。

外出してもトイレを探さなくてよくなり、精神的にもめっちゃ楽になって、ホンマに良かった。

杏総合治療所に来ていなかったことを考えると、ぞっとする。

2014年10月 松原和也 22歳

 

※1 潰瘍性大腸炎
大腸の粘膜にびらんや潰瘍ができる大腸の炎症性疾患。難病指定されている。
特徴的な症状としては、下血を伴うまたは伴わない下痢とよく起こる腹痛。

※2 ムーンフェイス
ステロイド薬の副作用で顏が満月のようにむくむこと。別名、満月様顔貌。

 

 所長コメント

「研修生見習い」松原君です。

松原君は以前勤めていた病院の同僚の紹介で来院しました。

病気で辞め、入り直した整骨院の学校を今度はちゃんと卒業したいと頑張っている姿を見て、元同僚が紹介して来ました。

診てみると、意外にも何とかなりそうです。

しかし、そこはそれ、仮にも国から難病指定されている病気ですから、簡単ではありません。

時間も手間もかかります。また、本人が自分の病態を理解して適切な管理を行う事が最も重要で難しい事です。

考えた結果、「研修生見習い」として研修に来て、私の治療を学びながら自ら治すつもりで取り組んで行く事にしました。

十代から二十代にかけて奇病に悩み、患者として門を叩き、「難しい病気で時間がかかる。俺が教えてやるから自分で治せ。」と同じように研修生にしてくれた我が師のことが思い出されました。

「必ずしも病気は人生のマイナスとは限らない。何か大切な事を教えるために表れる。それに気づくことでプラスに変える事が出来る。」と教えてくれたのも師でした。

確かにそのおかげで今の私があり、天職に巡り合い、毎日が楽しくて仕方が無いと思えます。

松原君にもそう思える日が来るといいですね。

 

 

もし、あなたが同じような症状でお困りなら何か力になれるかも知れません。
大きな期待をかけられても困りますが、気楽に一度ご相談ください。
私を救ってくれた東洋医学の知恵を一人でも多くの人に役立てたいといつも心より願っております。

おススメ記事

★潰瘍性大腸炎 下痢は治らないか?(←その後)

★腹痛と下痢の治し方と対策【東洋医学の7タイプ別アドバイス】(軽い人はこれだけで寛解するかも)

★潰瘍性大腸炎の治療法・症状・原因(易しい一般的な解説。病院で説明を受けてる人は不要)

★クローン病の治療・症状・原因(鑑別疾患)

 

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
大阪府大阪市都島区にある鍼灸院 「潰瘍性大腸炎」なら杏総合治療所
谷町線都島駅から徒歩30秒。
JR環状線桜ノ宮駅より徒歩8分。
東洋医学を正しく研究・理解・実践・普及し、世界を治す。

◆Webサイト:http://an-sogo.com/
◆電話でのお問い合わせ:06-6925-2323
◆メールでのお問い合わせ:info@an-sogo.com
◆診療時間:平日9:00~12:30・16:00~19:30
※火・木・土曜日は9:00~12:30
◆定休日:日曜
◆住所:〒534-0021 大阪市都島区都島本通2-11-8アベニール1F
◆駐車場:近隣のコインパーキングをご利用ください。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

 

 

LINEで送る
Pocket

関連記事

  • お電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
    ※お問い合わせの前に、必ず下記の「治療をお断りする場合」をご覧ください。
  • 治療をお断りする場合
  • 杏の日記
  • 臨床研究
  • よくある質問"
  • 患者様の声"
  • 研修生の声
  • 研修制度について
  • 求人情報

メディア掲載情報

  • クロワッサン
  • パクロス
ページ上部へ戻る
杏総合治療所
◆住所
 〒534-0021
 大阪市都島区都島本通2-11-8
 アベニール1F
◆TEL&FAX
 06-6925-2323