症例, 認知症

認知症の症例 【アルツハイマー病+脳血管障害型(+うつ+意欲低下)】 

LINEで送る
Pocket

4519da6c2062431475cac14ef67c9ed2_s

お茶が出せるようになった。

「アルツハイマー型+脳血管障害型+うつ+意欲低下」の患者さんです。

今日、来院時に付き添いの娘さんに伺ったところ、来客に「お茶が出せる」ようになって来たそうです。

もともとお客好きなのに、全くお茶を出せなくなっていたそうです。

「?」ですか?一般の方はそうかも知れませんね。

しかし、認知症の患者さんを見慣れている方、ご家族にいらっしゃる方は、これが良化している証になる事が解るでしょう。

大変な良化です。奇跡的と言っても良いでしょう。専門家からみれば信じられない事です。

 

もともと出来ていた『来客にお茶が出せない』。

これは、「遂行機能」に問題がある事が示唆されます。

「遂行機能」とは、『高次脳機能』の一つです。

目標を設定し、それを実現するために計画を立て、計画を実際に実行・継続し、状況に応じて修正し、目標を実現する働きの事です。

整理すると、「目標設定」、「計画立案」、「計画実行」、「効果的行動」から成ります。

 

「遂行機能障害」は「中核症状」の一つです。

「客が来た」と認識し、「お茶を出そう」と言う「目標設定」をし、それを実現するために「計画立案」します。

「計画立案」の中身は、「お湯を沸かし、急須と湯呑、お茶を用意し、お茶を急須に入れ、お湯が沸いたら急須に注ぎ、蒸らして湯呑に注ぎ、適量注いだら、お客に渡します。」という感じでしょうか。

そして、それを「計画実行」します。

しかし、もしかしたら、お茶を切らしているかも知れませんし、湯呑が欠けていたり、洗ってなかったりするかも知れません。

その時は、それに応じて、計画を修正・変更・追加しなくてはなりません。

その他にもお湯の温度や茶葉の量、茶の適量なども判断して修正しなくてはなりません。

「効果的行動」です。

 

上記だけでもかなり複雑に見えます。

その上、実際は『来客にお茶を出す』作業の中には、多量の「目標設定」、「計画立案」、「計画実行」、「効果的行動」のセットが入っています。

そう考えれば、かなり高度な作業なのが分かります。

 

 

にほんブログ村

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
大阪府大阪市都島区にある鍼灸院 「アルツハイマー病」なら杏総合治療所
谷町線都島駅から徒歩30秒。
JR環状線桜ノ宮駅より徒歩8分。
東洋医学を正しく研究・実践・普及し、世界を治す。

◆Webサイト:http://an-sogo.com/
◆電話でのお問い合わせ:06-6925-2323
◆メールでのお問い合わせ:info@an-sogo.com
◆診療時間:平日9:00~12:30・16:00~19:30
※火・木・土曜日は9:00~12:30
◆定休日:日曜
◆住所:〒534-0021 大阪市都島区都島本通2-11-8アベニール1F
◆駐車場:近隣のコインパーキングをご利用ください。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

LINEで送る
Pocket

関連記事

  • お電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
    ※お問い合わせの前に、必ず下記の「治療をお断りする場合」をご覧ください。
  • 治療をお断りする場合
  • 杏の日記
  • 臨床研究
  • よくある質問"
  • 患者様の声"
  • 研修生の声
  • 研修制度について
  • 求人情報

メディア掲載情報

  • クロワッサン
  • パクロス
ページ上部へ戻る
杏総合治療所
◆住所
 〒534-0021
 大阪市都島区都島本通2-11-8
 アベニール1F
◆TEL&FAX
 06-6925-2323