症例, 認知症

時計描画テスト

LINEで送る
Pocket

3231f68395b56cd95d0e73ec3b6e9d31_s

以前書いた『原発性進行性非流暢性失語症』の診断が出ている患者さんです。

主訴は『しゃべれない』なのですが、初診時、いくつかの所見と診断名が結びつかず、矛盾があったので神経内科に紹介した患者さんです。

image image%ef%bc%92

その所見の一つが家人から「記憶障害があるようだ」と言われ、実施した時計描画の結果です。
上の画像左の様に異常が認められました。
丸い文字盤、数字、10時10分を決まった手順で指示します。
実施者によって結果が変わらないようにするためです。

12/28のテストでは、2回とも長短針の区別が怪しく、短針と思しき針が12時を指していました。

1/22に紹介先を訪れ、診察・検査を受けたそうです。そこでの認知症のテストでは異常が認められず、なんと「時計描画テスト」も正常。

12/28の初診時には、時々、緊張や勘違いから間違う事があるので、治療前後に時間をおいて2回実施したにも関わらず、2度とも上図左のような描画でした。
それを聞いて確かめるため、1/27に来院された時に実施したのが、右の描画です。

ホントだ…正常だ…。なんでだろう?…

紹介先に行くまでに、初診時を含めて計3回治療しています。
付いて来て下さっているご家族やお友達は、「1回目の治療直後から、表情が豊かに明るくなった。」とおっしゃっています。初診時にあった「流涙」も止まっています。

確かに認知症は表情が乏しくなります。
ですから、軽度の認知症があり、治療効果が上がったものと思いたいですが、上記の「時計描画テスト」とご家族の証言だけでは『証拠』として弱いのは否めません。
惜しむらくは、先に紹介して神経内科を受診してから治療すれば良かった、と言う事です。
そうすれば、はっきりとした『証拠』が残せました。

良くあるんですよね、こういうの…。私が思っている以上に結果が出て後悔するパターンorz
論文にして、学会発表して、追試・検証されて広く認められれば、多くの困っている人が助かる可能性があります。
でも、良いんです。
学会発表のネタを逃がしたかも知れないのは痛いですけど、そのために治療している訳じゃ無いですから…。
患者さんが喜んでくれれば、それが一番です。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
大阪府大阪市都島区にある鍼灸院 「認知症」なら杏総合治療所
谷町線都島駅から徒歩30秒。
JR環状線桜ノ宮駅より徒歩8分。
東洋医学を正しく研究・理解・実践・普及し、世界を治す。

◆Webサイト:http://an-sogo.com/
◆電話でのお問い合わせ:06-6925-2323
◆メールでのお問い合わせ:info@an-sogo.com
◆診療時間:平日9:00~12:30・16:00~19:30
※火・木・土曜日は9:00~12:30
◆定休日:日曜
◆住所:〒534-0021 大阪市都島区都島本通2-11-8アベニール1F
◆駐車場:近隣のコインパーキングをご利用ください。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

LINEで送る
Pocket

関連記事

  • お電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
    ※お問い合わせの前に、必ず下記の「治療をお断りする場合」をご覧ください。
  • 治療をお断りする場合
  • 杏の日記
  • 臨床研究
  • よくある質問"
  • 患者様の声"
  • 研修生の声
  • 研修制度について
  • 求人情報

メディア掲載情報

  • クロワッサン
  • パクロス
ページ上部へ戻る
杏総合治療所
◆住所
 〒534-0021
 大阪市都島区都島本通2-11-8
 アベニール1F
◆TEL&FAX
 06-6925-2323