アーカイブ:2017年 9月

  1. 【鼻づまり】花粉症?風邪?蓄膿症?東洋医学タイプ分類で対策

    1.鼻づまりとは?鼻づまりとは鼻孔が閉塞して鼻呼吸ができないことを言います。東洋医学では「鼻塞(びそく)」「鼻閉(びへい)」などと言います。2.分類東洋医学的にはを以下の5のタイプに分類して、治療や養生指導を行っていきます。
    続きを読む...

  2. 本日、灸道部にて箱灸づくりを行いました!

     都島の鍼灸院、杏総合治療所の研修生しょーじです。本日、9月29日。「9」が2つも入っていて、灸道部の活動をするにふさわしい日ですね! 今回は部員のみんなで【My箱灸】を制作しました。
    続きを読む...

  3. 秋と春の花粉症対策のすべて

    一般的な方法をまとめてみました。当院では、花粉に曝露しても症状が出ないカラダづくりが根本と考えて、そのように治療・指導を行います。(参考→花粉症の症状が劇的に改善した!【体験談】T.Kさん)ですから、ここに挙げた対策はあくまでも対症療法と位置付けています。
    続きを読む...

  4. 【やさしい東洋医学】 腎之蔵の話

    質問が届いてます。ご紹介しますね。「私は杏の先生に、『漢方で言う腎之蔵が弱っている』と言われますが腎臓が悪いのですか?」わしは、おQ博士じゃ!これは間違いやすいんじゃ。西洋医学の『腎臓』と東洋医学の『腎之臓』は似てはいるが別ものなんじゃ。
    続きを読む...

  5. 妊娠中の胸腹部の張り【東洋医学タイプ分類と対策】

     1.妊娠中の胸腹部の張りとは?妊娠中に胸から上腹部が張って苦しいことで、ひどい場合は呼吸困難・両脇部の痛みが起きる場合もあります。※上腹部とはおへそより上、みぞおちより下の部分を指します。
    続きを読む...

  6. 杏総合治療所

    「ならば精神科」、めまいの呪縛~思考停止がめまいの原因を不明に~

    「ならば精神科」、めまいの呪縛◆Vol.1【臨床道場】 思考停止がめまいの原因を不明に都内の山王病院でめまい診療を担当する倉島一浩氏が登場。「めまい」が示す概念は広いがゆえに、陥りやすい罠がある。「非前庭性めまい」「高齢者」など、診療のコツや問題点を聞いた。
    続きを読む...

  7. 秋の花粉症原因植物ソムリエール しょーじにお任せ!

     秋に花粉症の原因としてあげられている植物は、ブタクサ・ヨモギ・カナムグラ・イラクサ・ススキが多いです。雑草自体の背も低いためスギやヒノキのように広く飛散しません。それらの植物について以下のような特徴があげられています。
    続きを読む...

  8. コデイン類含有製剤(咳止め薬)、12歳未満は禁忌に

     まずは「重要な基本的注意」で注意喚起、2019年から全面禁忌コデイン類含有製剤、12歳未満は禁忌に厚生労働省の薬事・食品衛生審議会医薬品等安全対策部会安全対策調査会は2017年6月22日、コデイン類含有製剤について12歳未満の小児への使用を禁忌とする方針を決めた。
    続きを読む...

  9. 副鼻腔炎(蓄膿症)とは?症状・原因・治療の解説

     1.副鼻腔炎(蓄膿症)について副鼻腔とは鼻の中(鼻腔)に繋がる空洞で、副鼻腔の粘膜に炎症が起きることを副鼻腔炎と言います。多くは風邪や花粉症になどにより、鼻の中に炎症が続き、副鼻腔炎が起こりやすくなります。
    続きを読む...

  10. 風邪(感冒)を早く治す?薬?【よく分かる風邪の基本】

     1.風邪(感冒)とは一般的に言われる「風邪」「感冒」とは、正式には「風邪症候群」と言います。風邪(感冒)とは、上気道(鼻からのどまでの空気の通り道)の部分に急性の炎症症状が起きる病気のことです。
    続きを読む...

  • お電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
    ※お問い合わせの前に、必ず下記の「治療をお断りする場合」をご覧ください。
  • 治療をお断りする場合
  • 杏の日記
  • 臨床研究
  • よくある質問"
  • 患者様の声"
  • 研修生の声
  • 研修制度について
  • 求人情報

メディア掲載情報

  • クロワッサン
  • パクロス
ページ上部へ戻る
杏総合治療所
◆住所
 〒534-0021
 大阪市都島区都島本通2-11-8
 アベニール1F
◆TEL&FAX
 06-6925-2323