アーカイブ:2017年 6月

  1. 都島 杏総合治療所の所長は「患者さんの『カラダ』を診て治療します」

    都島の鍼灸院、杏総合治療所の研修生しょーじです。今日のタイトルは「当たり前やん!」と突っ込まれそうな内容となっておりますが、これが実はそんなに当たり前の話ではないのが残念な話です。
    続きを読む...

  2. 逆子は鍼灸で治せ!ママ鍼灸師が教える効果と回数と注意点

    逆子の原因は「冷え」師曰く「逆子は下腹部が冷えてるからなるんだよ」通常、お腹の中にいる赤ちゃんは上下さかさまになっており、頭は下向きになっています。それが、ママの下腹部が冷えていると、赤ちゃんは「居心地が悪いよぅ」と頭を上にあげてしまう、というわけです。
    続きを読む...

  3. 【産後】1ヶ月間のお母さんの過ごし方

    師曰く、「特に産後1ヶ月間の過ごし方には注意すること」。この話は妊婦さんの治療をするたびに出てくるお話です。産後のお母さんたちのカラダを診せて頂くと、出産はまさに「身を削って行われる」という事がよくわかります。「ボロボロ」と言う表現がぴったりです。
    続きを読む...

  4. 都島 杏総合治療所の灸道部員の自家製よもぎ入浴剤!!

    都島の鍼灸院、杏総合治療所の研修生しょーじです。今日、我が灸道部員が自宅でもぐさを自主製作したという話を聞きました。その部員は月例の灸道部に参加することができなかったため、家で作ったのだそうです。
    続きを読む...

  5. 病気の見分け方・偽札の見分け方

    都島の鍼灸院、杏総合治療所の研修生しょーじです。昨日の記事の続きです。昨日は、「『健康』の概念がはっきりしていればいるほど、小さな変化(病気)にも気づくことができる」というお話でした。
    続きを読む...

  6. 「健康」と「病気」の境界を見極める力

    都島の鍼灸院、杏総合治療所の研修生しょーじです。先日、研修生の子どもが治療に来ました。5歳の女の子と2歳の男の子の姉弟です。いつもは弟の面倒見も良く、おりこうなお姉ちゃん。しかしその日はぐだぐだして、聞き分けも悪い。
    続きを読む...

  7. 都島の鍼灸院 杏総合治療所 6月の灸道部、楽しんでしまいました~♪

    都島の鍼灸院、杏総合治療所の研修生しょーじです。今日は月例の灸道部が行われました。
    続きを読む...

  8. 都島の鍼灸院 杏総合治療所の小児鍼で学会発表?!『スイカ病』?!

    都島の鍼灸院、杏総合治療所の研修生しょーじです。午後一番の16時台は小児鍼(子どもの治療)が多くなります。「準備しておいてね」と子どもたちに伝えると、パンツ一丁になり、お母さんの膝の上にちょこんと座って待っていてくれます。
    続きを読む...

  9. 「のどもと過ぎても熱さ忘れない」と「気にならないことを気にしてみる」

    都島の鍼灸院、杏総合治療所の研修生しょーじです。雨ですね。今日、患者さんとの会話の中で、大阪も20年ほど前に水不足になっていたことを教えて頂きました。
    続きを読む...

  10. 6月9日灸道部に向けて『お灸検定』つくりました!!目指せ9段!!!

    こんにちは。都島の鍼灸院、杏総合治療所の研修生しょーじです。6月9日は月例の灸道部です。以前、灸道部に鍼灸の専門学校に通われている学生さんが参加してくださったことがありました。
    続きを読む...

  • お電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
    ※お問い合わせの前に、必ず下記の「治療をお断りする場合」をご覧ください。
  • 治療をお断りする場合
  • 杏の日記
  • 臨床研究
  • よくある質問"
  • 患者様の声"
  • 研修生の声
  • 研修制度について
  • 求人情報

メディア掲載情報

  • クロワッサン
  • パクロス
ページ上部へ戻る
杏総合治療所
◆住所
 〒534-0021
 大阪市都島区都島本通2-11-8
 アベニール1F
◆TEL&FAX
 06-6925-2323