膝の痛み

意外に多い小児の膝の痛み【膝蓋骨脱臼】の症状・原因・治療まとめ

LINEで送る
Pocket

 

1.膝蓋骨脱臼について

膝蓋骨とは一般的にはお皿と言われ、大腿四頭筋の腱にある種子骨で膝の曲げ伸ばしの際に上下動し膝関節を構成する骨です。
跳躍や飛び降り、単純な外力により受傷し、脱臼または亜脱臼することが多いです。
多くは脱臼後に自然整復されるため、病院に行っても異常がないと言われることもあります。

脱臼時には膝の痛み、可動域制限があり膝の前面が腫れます。

10代の女性に多く、一度脱臼すると習慣性となることが多いです。
この他にもなんらかの脱臼素因(足の変形など)がある場合は、脱臼・亜脱臼を繰り返し膝の変形を起こすこともあります。

脱臼方向は外側がほとんどのため、外側脱臼について説明します。

 

2.膝蓋骨脱臼の症状

◆膝の痛み

脱臼時には他の軟部組織の損傷も起こるため激しい痛みがでます。
整復されると痛みは軽減します。

◆腫れ

膝蓋骨周囲の軟部組織や骨折を伴うと高度な腫れが認められます。

◆可動域制限

脱臼すると膝が動かせなくなり曲がった状態で固まります。
脱臼が自然整復されると動かせるようになります。
脱臼中は体重もかけられなくなるため歩行が困難となります。

 

3.膝蓋骨脱臼の原因

 

引用文献:柔道整復学・理論編 改訂第5版

 

直接膝蓋骨へ外力が加わり受傷するものから、跳躍や飛び降りの際に受傷することもあります。
大腿骨の形状から外側に脱臼することが多いです。

足の形態異常がある場合は脱臼が起こしやすくなります。

・関節弛緩
・膝蓋大腿関節面の形成不全
・外反膝(X脚)
・大腿骨前捻角増大
・Q角の増大

などの脱臼素因があると脱臼を起こしやすくなります。

用語解説
大腿骨前捻角:大腿骨を上からみると、大腿骨頚部の軸と大腿骨顆部の角度(10~15度)のことをいいます。
Q角:上前腸骨棘と膝蓋骨の中央を結んだ線と膝蓋骨の中央と脛骨上縁中央を結んだ線の交わる角度です。

◆分類

脱臼を起こす状態により分類が分かれます。
外傷によるものから先天的な要因を含むものを分類しています。

・外傷性脱臼
外傷によって起こす脱臼です。

・反復性脱臼
外傷により一度脱臼した後に繰り返し起こるものを反復性といいます。

・習慣性脱臼
外傷の既往歴はなく、膝を一定の位置(屈曲)におくと脱臼するものをいいます。

・恒久性脱臼
稀ですが、膝の位置に関係なく常に脱臼している先天性と後天性のものがあります。

 

4.膝蓋骨脱臼の検査

◆触診・視診

膝蓋骨が外側に脱臼しているため変形が認められます。
そのため診断も容易ですが、自然整復されると変形はありません。
外側脱臼の場合、膝蓋骨の内側にある膝蓋支帯に圧痛が認められます。
膝蓋骨を外側に押すと不安感を訴えます。

◆画像検査

レントゲンでは他の骨折の有無などを検査します。

 

5.膝蓋骨脱臼の一般的な治療

基本的には保存療法を行います。
手術適応となるのは脱臼を頻繁に繰り返す場合や高度な骨折を併発している場合です。

◆保存療法

・整復
膝を徐々に伸ばしながら膝蓋骨を内側へ圧迫し整復します。

・固定
膝を内側へ圧迫するサポーターで固定します。
骨折などがある場合はギプスによる固定をします。

・アイシング
内側の靭帯を損傷しているため冷却します。

・運動療法
大腿四頭筋の中で内側にある内側広筋を強化するように運動します。

◆手術療法

繰り返しの脱臼や日常生活やスポーツに制限がある場合や脱臼素因があるときは手術が選択されます。
他にも骨折が伴っている場合は手術を行います。

・リアライメント手術
四頭筋のQ角を改善する手術です。

・内側膝蓋大腿靭帯(MPFL)再建術
膝の内側膝蓋大腿靱帯を再建する手術です。

 

6.膝蓋骨脱臼の合併症

◆軟部組織損傷

膝蓋骨の内側を支持する靭帯の断裂や他の関節包の損傷を伴います。

◆骨軟骨骨折

関節面にある軟骨と骨が脱臼時に剥離される骨折です。
膝は多く発生し、膝がある角度から動かせなくなるロッキング症状が起こることもあります。
この場合は手術にて摘出することもあります。

 

7.膝蓋骨脱臼の予後と後遺症

自然整復されることが多く治療せずに放置されることが多い疾患です。

一度脱臼すると繰り返し脱臼することが多いです。
そのため関節の変形をきたすことがあります。

 

 

 

関連記事:

右膝の痛みが完全正座までもう一息!右変形性膝関節症ビフォーアフター画像!

【膝の痛み】痩せた!ダイエット?いいえ、鍼と養生です。

変形性膝関節症 膝の痛み【体験談】

膝の痛みと腫れの原因No.1!【変形性膝関節症まとめ】

 

※内容に誤りや情報が古いなどありましたらお手数ですがご一報ください。

にほんブログ村

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
大阪府大阪市都島区にある鍼灸院 「膝の痛み」なら杏総合治療所
谷町線都島駅から徒歩30秒。
JR環状線桜ノ宮駅より徒歩8分。
東洋医学を正しく研究・理解・実践・普及し、世界を治す。

◆Webサイト:http://an-sogo.com/
◆電話でのお問い合わせ:06-6925-2323
◆メールでのお問い合わせ:info@an-sogo.com
◆診療時間:平日9:00~12:30・16:00~19:30
※火・木・土曜日は9:00~12:30
◆定休日:日曜
◆住所:〒534-0021 大阪市都島区都島本通2-11-8アベニール1F
◆駐車場:近隣のコインパーキングをご利用ください。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

LINEで送る
Pocket

関連記事

  • お電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
    ※お問い合わせの前に、必ず下記の「治療をお断りする場合」をご覧ください。
  • 治療をお断りする場合
  • 杏の日記
  • 臨床研究
  • よくある質問"
  • 患者様の声"
  • 研修生の声
  • 研修制度について
  • 求人情報

メディア掲載情報

  • クロワッサン
  • パクロス
ページ上部へ戻る
杏総合治療所
◆住所
 〒534-0021
 大阪市都島区都島本通2-11-8
 アベニール1F
◆TEL&FAX
 06-6925-2323