an's diary 杏の日記, 不妊

不妊体質を改善する!【補足:緑茶は絶対アカン!について】

LINEで送る
Pocket

 

大阪市都島区の鍼灸院 杏総合治療所 研修生ワクリです。

 

先日の記事、

不妊体質を改善する!【プロが教える基本6分類とアドバイス】』の6タイプの一つ、「湿痰タイプ」。

下記にように、そのワンポイントアドバイスに「緑茶は絶対アカン!」がありました。

それについて、「なぜ?」と質問がありました。

3-5. 湿痰タイプ

≪解説≫
カラダに余分な水分が溜まることが原因になる不妊症です。

 

≪ワンポイントアドバイス≫
刺身などの生ものは避けましょう!
水分の摂りすぎには注意し、のどが乾いたら飲むようにしてください。
ハトムギ茶はカラダの中の水分代謝をよくするはたらきがあるため、このタイプの水分補給におすすめです。
冷たい緑茶は”絶対”アカン!

当院で定期的に行う健康講座や院内新聞「an’s NEWS~あんずニュース~」で度々警告される「緑茶の害」。

夏の養生法(東洋医学の生活習慣改善健康法)の定番です。

夏も終わりますが初めての方のために復習しておきます。

 

どんな時も・誰でも・いつでも

ほんの十数年前までは無かった「ペットボトル入りの緑茶」。

これがある体質の方には東洋医学的にはとても良くないのです。

 

緑茶は、「カテキン」が知られるようになって、良い面ばかりが強調され過ぎているきらいがあります。

この世の中で、どんな時にも、どんな人にも、いつでも『カラダに良い』ものはありません。

今までにも様々な「健康に良い」とされる食品や方法がブームになりました。

そしてブームは去っていきます。

これは、その食品や方法に効果が無いからではありません。

ある「条件」では有効でも、ある「条件」では無効や有害だからだと思われます。

 

緑茶のカラダに悪い飲み方

緑茶は、熱服・少服すべきものであり、そうすれば暑気払いとして大変有用ではあります。

しかし、

1.冷たい緑茶

2.飲み過ぎ

3.朝に飲む

ことは避けるべきものです。

ペットボトル入りの冷蔵庫で冷やした緑茶を、朝からがぶ飲みするのは、体調不良の元になります。

また、常日頃から冷え性の人は避けるべきです。

東洋医学では、緑茶のこのような飲み方は、

身体が冷え、水分代謝が悪くなり、※「痰飲(たんいん)」を作る

とされます。

※東洋医学では、余分で病的な水分を「痰」と「飲」に区別します。
痰飲と湿痰は厳密には違うものですが、ここではほぼ同じものと理解しておいてください。

 

「痰飲(たんいん)」の症状

「痰飲(たんいん)」によって悪化したり、原因になると考えられている症状は下記のとおりです。

 

・高血圧

・めまい

・脳卒中

・関節炎

・むくみ

・下痢

・頻尿

・膀胱炎

・インポテンツ

不妊など

 

まとめ

不妊症の「湿痰タイプ」は、余分な水分がカラダにたまるために起こると考えられています。

ですから、不妊症の「湿痰タイプ」の方はもちろん、上記のような症状のある方は緑茶の飲み方を気を付けましょう。

また、「腎虚タイプ」、「気血両虚タイプ」も冷えで悪化するので避けた方が良いでしょう。

 

 

 

参考文献:神戸中医学研究会(1992)「中医臨牀のための中薬学」医歯薬出版株式会社

 

にほんブログ村

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
大阪府大阪市都島区にある総合治療院 「不妊症」なら杏総合治療所
谷町線都島駅から徒歩30秒。
JR環状線桜ノ宮駅より徒歩8分。
健やかな妊活、穏やかな出産、賢い子育てを手助けします。

◆Webサイト:http://an-sogo.com/
◆電話でのお問い合わせ:06-6925-2323
◆メールでのお問い合わせ:info@an-sogo.com
◆診療時間:平日9:00~12:30・16:00~19:30
※火・木・土曜日は9:00~12:30
◆定休日:日曜
◆住所:〒534-0021 大阪市都島区都島本通2-11-8アベニール1F
◆駐車場:近隣のコインパーキングをご利用ください。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

LINEで送る
Pocket

関連記事

  • お電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
    ※お問い合わせの前に、必ず下記の「治療をお断りする場合」をご覧ください。
  • 治療をお断りする場合
  • 杏の日記
  • 臨床研究
  • よくある質問"
  • 患者様の声"
  • 研修生の声
  • 研修制度について
  • 求人情報

メディア掲載情報

  • クロワッサン
  • パクロス
ページ上部へ戻る
杏総合治療所
◆住所
 〒534-0021
 大阪市都島区都島本通2-11-8
 アベニール1F
◆TEL&FAX
 06-6925-2323