an's diary 杏の日記, 思春期早発症

思春期早発症の症例(9歳10ヶ月から鍼灸治療開始)

LINEで送る
Pocket

ホルモン注射をやめ、鍼灸治療へ

9歳10か月の時に来院。

4、5歳の頃、「おっぱいが痛い」と言い、小児科を受診しています。

当時は「思春期早発症の疑い」とのことで経過観察となり、特に治療は行いませんでした。

その後、7歳で陰毛、8歳で脇毛が少しずつ生え始め、
9歳になるころにはその両方の体毛が濃くなり、胸のしこりがはっきりと確認できるようになりました。

お母さんが心配になったため、再び病院を受診。

小児科から総合病院を紹介してもらい、血液検査と骨年齢の検査を行いました。
その結果、「思春期早発症」と診断を受け、ホルモン注射による治療を開始することになりました。

しかし、その日の夜に発疹が出て痒がったため、ホルモン注射は中止。

その後、すぐに当治療所に来院されました。

結論から言うと、初潮は10歳10か月で来ました。

だいたい週に1回のペースで行い、治療を始めてからちょうど1年が経った頃です。

正直なところ、比較的成長が進んでから治療を開始することになったため、懸念事項はいくつかありました。

しかし、最終的には思春期早発症の定義の一つである「10歳6か月で初経の発来」をクリアできたので一安心です。

当初の親御さんの不安は「生理がきたら身長が止まってしまうのではないか」ということでしたが、
今となっては、お母さんの身長を越えています。

親御さんの希望もあり、経過観察のため、初潮発来後も診せていただきましたが、生理痛もなく、その後の経過も順調だったため、親御さんも安心されたようです。

小学校卒業と同時に治療も卒業となりました。

 

関連記事

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
大阪府大阪市都島区にある総合治療院 「思春期早発症」「小児はり」なら杏総合治療所
谷町線都島駅から徒歩30秒。
JR環状線桜ノ宮駅より徒歩8分。
痛みの原因を根本から治療し、あなたの人生を豊かにします。

◆Webサイト:http://an-sogo.com/
◆お問い合わせはこちら
◆診療時間:平日9:00~12:30・16:00~19:30
※火・木・土曜日は9:00~12:30
◆定休日:日曜
◆住所:〒534-0021 大阪市都島区都島本通2-11-8アベニール1F
◆駐車場:近隣のコインパーキングをご利用ください。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

 

 

LINEで送る
Pocket

関連記事

  • お電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
    ※お問い合わせの前に、必ず下記の「治療をお断りする場合」をご覧ください。
  • 治療をお断りする場合
  • 杏総合治療所の治療の流れ
  • 杏の日記
  • 臨床研究
  • よくある質問"
  • 患者様の声"
  • 研修生の声
  • 研修制度について
  • 求人情報

メディア掲載情報

  • クロワッサン
  • パクロス
ページ上部へ戻る
杏総合治療所
◆住所
 〒534-0021
 大阪市都島区都島本通2-11-8
 アベニール1F
◆電話でのご予約
電話でのご予約
◆お問い合わせ
お問い合わせ