an's diary 杏の日記

「健康」と「病気」の境界を見極める力

LINEで送る
Pocket

都島の鍼灸院、杏総合治療所の研修生しょーじです。

 

先日、研修生の子どもが治療に来ました。

5歳の女の子と2歳の男の子の姉弟です。

 

いつもは弟の面倒見も良く、おりこうなお姉ちゃん。

しかしその日はぐだぐだして、聞き分けも悪い。

 

お母さん(研修生)に聞いてみると、

「今日は暑い外でずっと遊んでたから、夏バテみたいになっているみたい」

とのこと。

そのように聞いたので、私も「確かに暑かったし、日にあたると疲れるよね―、だるくなるよねー。」

と都合の良い事実と結びつけて納得しました。

 

しかし、所長が治療し終えると、お母さん(研修生)に対して、こんな質問が…

「この子、幼稚園でいじめられてるとかないか?」

その時はお母さんは分からないとの事で、そのまま帰りました。

しかし、その後、お母さん(研修生)から所長に連絡がありました。

 

治療を終えたその日の夜、お母さんがお姉ちゃんに話を聞くと、

「今日は男の子のグループにも、女の子のグループにも入れてもらえなくてずっと一人で遊んでた」

と話してくれたそうです。

 

所長…

やっぱりすごい…

 

なぜわかったのか所長にお聞きすると、

「このぐずり方はカラダの調子が悪い時のものとは違う」

と違和感を感じたのだそうです。

そして、様々な材料から推測できる一番可能性の高そうな事をお母さん(研修生)に聞いたところ、

その推論は当たっていた、ということです。

 

改めて、所長の「病気」と「健康」のカタチ(概念やイメージなど)の鮮明さ、正確さを実感しました。

そして、私は都合の良いように解釈していたことを反省…

 

「健康」という基準、「病気」という基準がはっきりしていればいるほど、

そこからはみ出た時の違和感に気づくことができるのでしょう。

 

「患者さんのカラダの違和感に気づくことができるかどうか」が、

私たち治療家の上手い下手の分かれ道と言ってもいいかもしれません。

 

まだまだぼんやりイメージの私にはさらなる修行が必要です。

 

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
大阪府大阪市都島区にある総合治療院 杏総合治療所
谷町線都島駅から徒歩30秒。
JR環状線桜ノ宮駅より徒歩8分。
東洋医学を正しく研究・実践・普及し、世界を治す。

◆Webサイト:http://an-sogo.com/
◆電話でのお問い合わせ:06-6925-2323
◆メールでのお問い合わせ:info@an-sogo.com
◆診療時間:平日9:00~12:30・16:00~19:30
※火・木・土曜日は9:00~12:30
◆定休日:日曜
◆住所:〒534-0021 大阪市都島区都島本通2-11-8アベニール1F
◆駐車場:近隣のコインパーキングをご利用ください。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

 

 

LINEで送る
Pocket

関連記事

  • お電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
    ※お問い合わせの前に、必ず下記の「治療をお断りする場合」をご覧ください。
  • 治療をお断りする場合
  • 杏の日記
  • 臨床研究
  • よくある質問"
  • 患者様の声"
  • 研修生の声
  • 研修制度について
  • 求人情報

メディア掲載情報

  • クロワッサン
  • パクロス
ページ上部へ戻る
杏総合治療所
◆住所
 〒534-0021
 大阪市都島区都島本通2-11-8
 アベニール1F
◆TEL&FAX
 06-6925-2323