胃腸の痛み

吐き気、気持ち悪い「悪心」の原因と分類と対策【東洋医学タイプ分類】

LINEで送る
Pocket

1.悪心(吐き気)とは?

悪心とは、吐き気があるのに吐けず、吐き気が止まらないことを言います。
悪心とゲップ、しゃっくり、嘔吐などは録れも消化器系の症状としてよく見られます。
しかし、それぞれに鑑別の必要があります。

 

2.分類

東洋医学的には悪心(吐き気)を以下の5つのタイプに分類して、治療や養生指導を行っていきます。
自分がどのタイプなのかを知ることは治癒への第一歩です。
それぞれの特徴的な症状をチェックして、一番チェック数が多かったタイプの解説・対策法を参考にしてみてください。

2-1.胃寒タイプ






 

2-2.胃熱タイプ





 

2-3.胃陰虚タイプ







 

2-4.肝胃不和タイプ








 

2-5.傷食タイプ







 

3.解説とワンポイントアドバイス

3-1.胃寒タイプ

【解説】
胃を温める作用が低下している、あるいは冷たいものの食べ過ぎによって、胃が冷えるために悪心が生じます。
前者は経過が長く、後者は急性です。
どちらも悪心に胃痛が伴う、と孰が出る、冷やすと増悪するなどの特徴があります。

 

【ワンポイントアドバイス】
冷たいものの飲食は控えるようにして下さい。
手足とよく動かすことによって消化器系の働きが強くなると同時に、カラダを温める作用も強まります。
手をよく振って歩くなどの気軽にできることから始めてみましょう。

 

3-2.胃熱タイプ

【解説】
脂っこいものや味の濃いものの食べ過ぎや、夏風邪の一種にかかり、胃に熱を生じることによって起こります。
特徴は口臭、口の中が酸っぱい、尿が濃い、便秘などの症状を伴うことです。

 

【ワンポイントアドバイス】
脂っこいものや味の濃いものは控えるようにしてください。
キュウリやスイカなどの瓜の仲間はカラダの中の余分な水分と熱を取り除く働きがあるので、積極的に摂り入れるようにしてください。
ハトムギ茶にも同じような作用があるので、おすすめです。

 

3-3.胃陰虚タイプ

【解説】
強烈な嘔吐の後や熱病の後期や大手術の後などに胃を潤すはたらきが低下するために起こります。
特徴は強い悪心、嘔吐があって食べ物を受け付けない、ひどい時には水を飲んでも吐くような状態になります。

 

【ワンポイントアドバイス】
病後である事が多いので、ひとまずカラダを休めてください。
そして、カラダを動かせるようになったら、少しずつカラダに負荷をかけて退職を回復させていくことです。
軽い散歩から始め、夜は早めに就寝しましょう。

 

3-4.肝胃不和タイプ

【解説】
精神的な緊張やストレスによって起こる悪心です。
特徴は胸が苦しい、脇の痛み、口が苦い、のどが渇くなどの症状を伴うことです。

 

【ワンポイントアドバイス】
精神的緊張やストレスの原因が解決することが根本的な解決になります。
しかし、それが難しい場合には、カラダをよく動かすことによって代償しましょう。
運動後にスッキリとした気持ちになれるようなものであれば何でも良いです。
自分に合った運動を探してみてください。

 

3-5.傷食タイプ

【解説】
暴飲暴食で胃腸の機能が弱ったために起こる悪心です。
特徴は暴飲暴食に心当たりがあり、腐った匂いのするゲップが出たり、食べ物のニオイを嫌がったりすることです。

 

【ワンポイントアドバイス】
食欲が出てくるまで、食事は控えるようにしましょう。
食欲が出てきたら、消化の良いものをよく噛んで食べることから始めてみてください。
予防として、その後は食べ過ぎには注意するようにしてください。

 

4.まとめ

皆さんはどのタイプだったでしょうか?
今回のチェックでは大まかに自分がどのタイプなのかお分かりいただけたのではないかと思います。
しかし、細かな正確な体質分類は専門家でなければできませんので、お近くの良い鍼灸院をお選びください。

また、各タイプ別のワンポイントアドバイスはタイプが正確に決定できてこそ効果があります。
このワンポイントアドバイスによって症状が悪化したなどの場合、当サイトでは一切責任を負いかねますので、ご了承ください。

 

参考文献:中医研究院 趙金鐸(1987)『症状による中医診断と治療 上巻』神戸中医学研究会編訳,燎原書店.

 

関連記事:

生理時の吐き気を原因から対策!【東洋医学タイプ分類】

食欲不振の原因による分類と対策【東洋医学タイプ分類】

異食症の原因による分類と対策【東洋医学タイプ分類】

食事中または食後の眠気(食後困頓)の原因による分類と対策【東洋医学タイプ分類】

★つわり(吐き気)の時の食べ物の間違いを指摘し治した症例

 

にほんブログ村

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
大阪府大阪市都島区にある鍼灸院 「吐き気」なら杏総合治療所
谷町線都島駅から徒歩30秒。
JR環状線桜ノ宮駅より徒歩8分。
東洋医学を正しく研究・理解・実践・普及し、世界を治す。

◆Webサイト:https://an-sogo.com/
お問い合わせはこちら
◆診療時間:平日9:00~12:30・16:00~19:30
※火・木・土曜日は9:00~12:30
◆定休日:日曜
◆住所:〒534-0021 大阪市都島区都島本通2-11-8アベニール1F
◆駐車場:近隣のコインパーキングをご利用ください。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

LINEで送る
Pocket

関連記事

  • メールでのお問い合わせ
    ※お問い合わせの前に、必ず下記の「治療をお断りする場合」をご覧ください。
  • 治療をお断りする場合
  • 杏総合治療所の治療の流れ
  • 杏の日記
  • 臨床研究
  • よくある質問"
  • 患者様の声"
  • 研修生の声
  • 研修制度について
  • 求人情報

メディア掲載情報

  • クロワッサン
  • パクロス
ページ上部へ戻る
杏総合治療所
◆住所
 〒534-0021
 大阪市都島区都島本通2-11-8
 アベニール1F
◆お問い合わせ
お問い合わせ