an's diary 杏の日記, 患者さんの声, 湿疹

アトピー性皮膚炎の原因について東洋医学的考察【9歳の女の子】

LINEで送る
Pocket

①ご自身のプロフィール
I.Hちゃん 9歳 女性 明石市二見町

②最初はどのような症状がありましたか?(来院前の状態を教えて下さい。)
しっしん。いぼ。

③当治療所に通院するようになって、②の症状はどのように良くなって(変化して)来ましたか?
(通院し始めてからの症状の変化を教えて下さい。)
体じゅうにでてたしっしんが、だいぶでなくなった。

④体調が回復してきて1番良かったこと、嬉しかったことを教えて下さい。
かゆくなくなってうれしかった

⑤同じ症状で悩んでいる患者さんに、アドバイスやメッセージをお願いします。
わたしも、さいしょはイヤだとかかゆいとおもってたけど、ぜったいなおります!!

 

【コメント・解説】

アトピー性皮膚炎です。
まだまだ、共通理解には程遠い現状ですが、アトピーは早すぎる離乳が大きな原因になっていることが多いようです。
皮膚は胃腸と深い関わりがあります。

調査によれば、世界の平均離乳年齢は4.2歳です。
日本でも戦前は、2歳位が普通で、3歳以上も決して珍しくありませんでした。
WHO(世界保健機構)も2歳以上を推奨しています。
アメリカ小児学会は少なくとも12ヶ月、それ以降は母子が望む限り長く続けることを提言しています。

歯は何の為にあるのでしょう?食物を咀嚼して胃腸での消化吸収を助ける為にあります。
草食動物は、草を食べる為の門歯、穀物を食べる為の臼歯しか無く、肉類を食べる為の犬歯がありません。
反対に肉食動物は犬歯しかありません。
翻って、雑食のヒトは門歯2:犬歯1:臼歯4の比率です。
つまり、歯の比率によって食物を摂るのが自然なのです。
東洋医学は自然であることが健康である事と考えます。
歯が生えないという事は、まだ消化吸収の準備が出来ていないのです。
それを無視すれば、カラダは食物を異物、アレルゲンと認識し、アレルギー反応のリスクが高まります。
アトピーの治療はその免疫機序を整えるようにします。

 

 

もし、あなたが同じような症状でお困りなら何か力になれるかも知れません。
大きな期待をかけられても困りますが、気楽に一度ご相談ください。
私を救ってくれた東洋医学の知恵を一人でも多くの人に役立てたいといつも心より願っております。

 

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
大阪府大阪市都島区にある鍼灸院 「小児の湿疹」なら杏総合治療所
谷町線都島駅から徒歩30秒。
JR環状線桜ノ宮駅より徒歩8分。
東洋医学を正しく研究・理解・実践・普及し、世界を治す。

◆Webサイト:http://an-sogo.com/
◆電話でのお問い合わせ:06-6925-2323
◆メールでのお問い合わせ:info@an-sogo.com
◆診療時間:平日9:00~12:30・16:00~19:30
※火・木・土曜日は9:00~12:30
◆定休日:日曜
◆住所:〒534-0021 大阪市都島区都島本通2-11-8アベニール1F
◆駐車場:近隣のコインパーキングをご利用ください。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

LINEで送る
Pocket

関連記事

  • お電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
    ※お問い合わせの前に、必ず下記の「治療をお断りする場合」をご覧ください。
  • 治療をお断りする場合
  • 杏の日記
  • 臨床研究
  • よくある質問"
  • 患者様の声"
  • 研修生の声
  • 研修制度について
  • 求人情報

メディア掲載情報

  • クロワッサン
  • パクロス
ページ上部へ戻る
杏総合治療所
◆住所
 〒534-0021
 大阪市都島区都島本通2-11-8
 アベニール1F
◆TEL&FAX
 06-6925-2323