当院について

LINEで送る
Pocket

杏総合治療所 名称由来

「杏」の一字について

1)「杏林」の故事

「三国の時代、呉の菫奉(とうほう)と言う医者は、病人の身分の上下にこだわらず治療した。貧乏ならばあえて治療費を求めなかった。代わりに杏の苗を植えることを求めた。やがてそれは鬱蒼たる杏の林となった。」

「神仙伝 菫奉」の著名な「杏林」の故事は、
医者の真の報酬は名誉や金銭ではなく、『患者さんの苦痛から解放された喜びである。』
と言うことを教えてくれます。
杏の林にたたずむ菫奉の満たされた心を想像すると、医療人として強い憧れを抱かずにいられません。
そして、私の治療院も、
「『杏=患者さんの喜び』でいっぱいにしたい」
と、「杏」の一字を名称としました。

 

2)「杏壇」

「杏壇」とは、「学問を教える所。学問所。孔子が学問を講じた壇のまわりに杏(あんず)の木があったところからいう。(荘子)」とされています。
痛みや症状は決して天が罰として与えたものではありません。
ヒトの心と体を守るために備えたものなのです。
『宇宙・天地自然の決まりにしたがって生きていれば病にはならない。』東洋医学はそう教えています。
『患者さん、ご家族、治療者が病とその治療を通じて、その意味、生命、宇宙を共に学び、成長する場にしたい。』
「杏壇」から「杏」の一字をもらい、名称にそうした想いを込めました。

 

「あ・ん」という読みについて

「あ・ん」とは五〇音の始めと終わり。つまり「阿・吽(あ・うん)」です。
「阿吽」は仏教の真言の1つです。「阿」は口を開いて最初に出す音、「吽」は口を閉じて出す最後の音であり、そこから、それぞれ宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされています。
また、宇宙のほかにも、前者を真実や求道心に、後者を智慧や涅槃にたとえる場合もあります。
次いで、対となる物を表す用語としても使用されました。特に神社の狛犬(こまいぬ)や仁王、沖縄のシーサーなど、一対で存在する宗教的な像のモチーフとされました。
転じて、2人の人物が呼吸まで合わせるように共に行動しているさまを「阿吽の呼吸」、「阿吽の仲」などと言います。

東洋医学の重要かつ特徴的な思想に「人は小宇宙」というものがあります。
「人は大宇宙のひな形である。」というもので、つまり「人を診る・治す」という行為は、人体を通して大宇宙を観察し、その仕組みに介入する、と言うこと。
その神秘的かつ崇高な存在は、畏敬の念を持って接するべき、と私は考えます。

以上から、「あ・ん」と言う読みは、
①「患者さんを治療の始めから終わりまで心を込めて診きる。」
②「患者さんの心と身体のすべてを診きる。」
③「患者さんの人生の始まりから終わりまで寄り添いたい。」
と言う覚悟、祈りを表しています。

 

「総合治療所」とは

「総合」とは、ばらばらのものを一つにまとめあげること。
『患者さんの苦痛から解放された喜び』のため、
①西洋・東洋医学にこだわらず、知識・技術を総合して取り入れ治療にあたる。
②治療者だけでなく、患者さん、ご家族、スタッフのみんなの力を借り、総合して治療にあたる。
③当治療所にこだわらず、医師、薬剤師など医療関係者と連携し、総合して治療にあたる。
と言う方針を表しています。

 

院長紹介

杏総合治療所所長 面野靖男(おものやすお)

杏 総合治療所 所長
面野鴻青(おものこうせい)
鍼灸師 柔道整復師 専科教員
信条:鬼手仏心

LINEで送る
Pocket

  • お電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
    ※お問い合わせの前に、必ず下記の「治療をお断りする場合」をご覧ください。
  • 治療をお断りする場合
  • 杏の日記
  • 臨床研究
  • よくある質問"
  • 患者様の声"
  • 研修生の声
  • 研修制度について
  • 求人情報

メディア掲載情報

  • クロワッサン
  • パクロス
ページ上部へ戻る
杏総合治療所
◆住所
 〒534-0021
 大阪市都島区都島本通2-11-8
 アベニール1F
◆TEL&FAX
 06-6925-2323