痛み

  1. 【ランニングや中高年のアキレス腱の痛み】アキレス腱周囲炎・腱炎の症状・原因・治療まとめ

    1.アキレス腱周囲炎・腱炎について下腿にある腓腹筋の腱部であるアキレス腱に負担がかかり炎症が起こる疾患をアキレス腱炎といいます。また、腓腹筋を包むパラテノンという腱傍組織の炎症をアキレス腱周囲炎といいます。
    続きを読む...

  2. 【足を蹴られた?様の痛みと歩けない】アキレス腱断裂の症状・原因・治療まとめ

    1.アキレス腱断裂について腓腹筋に続く腱をアキレス腱と言い、この部が断裂することをアキレス腱断裂といいます。アキレス腱部の変性や微小断裂が関与していることから中高年に多いです。近年では主婦でスポーツをする機会が多くなったことから女性にも多く発生するようになりました。
    続きを読む...

  3. 【激しい脛(すね)の痛み】下腿コンパートメント症候群の症状・原因・治療まとめ

    1.下腿コンパートメント症候群についてコンタクトスポーツや事故による足への外傷や圧迫、過剰な運動により、下腿を形成する区画(コンパートメント)の内圧が上昇し神経や血管を圧迫し種々の症状がでる疾患です。
    続きを読む...

  4. 産後の便秘の分類と対策【東洋医学タイプ分類チェックシート】

    1.産後の便秘とは?産後に発生する便秘や排便困難で、一般的な便秘と共通するところと独特な面があります。東洋医学では「産後大便難(さんごだいべんなん)」と言われます。2.分類東洋医学的には産後の便秘を以下の2つのタイプに分類して、治療や養生指導を行っていきます。
    続きを読む...

  5. 【間違いやすい少年の膝の痛みと腫れ】脛骨顆間隆起骨折の症状・原因・治療まとめ

    1.脛骨顆間隆起骨折とは脛骨顆間隆起は、下腿骨の脛骨上部にあり、前十字靭帯の付着部です。スポーツや転倒した際に、前十字靭帯が過度に伸ばされ、付着部である脛骨顆間隆起部が裂離骨折するものです。広い年齢層にみられますが、10歳前後の小児に多いです。
    続きを読む...

  6. 変形性膝関節症の痛みと間違う【特発性膝骨壊死】症状・原因・治療まとめ

    1.特発性膝骨壊死について膝関節(大腿骨・脛骨顆部)に起こる原因不明の骨壊死です。60歳以上の中高年に多く、女性に多い疾患です。明確な理由がある怪我やスポーツ活動の誘引もなく発生し、膝の痛みや可動域制限が発症します。
    続きを読む...

  7. 永久保存版【膝の痛み】部位別まとめ

    膝の疾患を痛みの部位別にまとめました。注:膝の痛み部位別のまとめは、標準整形外科学の第12版圧痛部位をもとに作成しております。あくまでも参考程度にご覧ください。
    続きを読む...

  8. 手足のむくみ・腫れの分類と対策【東洋医学タイプ分類】

    1.手足のむくみ・腫れとは?手から腕にかけてを上肢、太ももと膝から下を下肢と言い、上肢と下肢を合わせたのが四肢です。今回はその四肢のむくみ・腫れを取り上げます。東洋医学では「四肢腫脹」と言います。
    続きを読む...

  9. 高齢者や小児の膝の痛みと腫れ【化膿性膝関節炎】の症状・原因・治療まとめ

    1.化膿性膝関節炎について膝に細菌が感染し、膿(うみ)が溜まる病気です。抵抗力の弱い高齢者や小児に多く、膝関節に次いで股関節・肩関節・足関節に感染を起こしやすいです。膝関節の周囲が腫れ、激しい痛みにより歩行困難や膝関節が動かしにくくなります。
    続きを読む...

  10. 背中と肩甲骨の痛みとこわばり、コリの東洋医学タイプ分類

    1.背中の痛みとは?背部の痛みの事をいいます。東洋医学では「背痛(はいつう)」と言われています。2.分類東洋医学的には背中の痛みを以下の3つのタイプに分類して、治療や養生指導を行っていきます。自分がどのタイプなのかを知ることは治癒への第一歩です。
    続きを読む...

  • お電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
    ※お問い合わせの前に、必ず下記の「治療をお断りする場合」をご覧ください。
  • 治療をお断りする場合
  • 杏の日記
  • 臨床研究
  • よくある質問"
  • 患者様の声"
  • 研修生の声
  • 研修制度について
  • 求人情報

メディア掲載情報

  • クロワッサン
  • パクロス
ページ上部へ戻る
杏総合治療所
◆住所
 〒534-0021
 大阪市都島区都島本通2-11-8
 アベニール1F
◆TEL&FAX
 06-6925-2323