痛み

  1. 内股(太ももの内側)の痛みの改善方法【東洋医学タイプ分類】

    1.股陰痛(こいんつう)とは?太ももの内側の片側性あるいは両側性の痛みを東洋医学では股陰痛といいます。(※)経絡の流れの関連から外陰部の痛みを伴います。7※経絡とは長い年月をかけて体系付けられた体内の状態が体表に反映される部位(経穴:ツボ)がグループ分けされたもの。
    続きを読む...

  2. 膝の外側の痛み【外側半月板損傷】の症状・原因・治療まとめ

    1.外側半月板損傷について膝関節内の外側にある軟骨の損傷を外側半月板損傷といいます。スポーツ中に起こりやすく、膝の痛みや腫れ、可動域の制限などの症状が発症します。小児の場合ではもともと半月板が分厚いこともあり、これを半月円板といいます。
    続きを読む...

  3. 膝関節の痛みと腫れ【内側半月板損傷】の症状・原因・治療

     1.内側半月板損傷とは膝の関節内の内側にある軟骨の損傷を内側半月板損傷といいます。若年者ではスポーツでの損傷が多いです。中高年者では加齢により半月板の変性が起こり、軽微な外力での損傷も起こります。
    続きを読む...

  4. 足の裏、踵と足指の痛みの分類と対策【東洋医学的タイプ分類】

    1.足痛とは?足痛とは足関節から下の痛みのことを言います。東洋医学ではさらに部位別に細かい呼び名があり、それぞれ足の裏中心の痛みを「足心痛」、かかとの痛みを「足跟痛」、足の指の痛みを「足趾痛」と言います。これらはすべて足痛に含まれます。
    続きを読む...

  5. 右膝の痛みが完全正座までもう一息!右変形性膝関節症ビフォーアフター画像!

     右変形性膝関節症の患者Uさん60代の女性です。10年くらい前から膝が痛くなり、5年くらい前から正座が出来なくなったそうです。今までにも色々と治療して来ましたが良くならないためお友達の紹介で来院されました。
    続きを読む...

  6. 膝の痛みとガクっとなる【前十字靭帯損傷】の症状・原因・治療まとめ

     1.前十字靭帯損傷について多くはスポーツによるもので、受傷直後は膝の激しい痛みや、痛みによって膝が動かせなくなります。コンタクトスポーツやジャンプ、急な方向転換をした際に受傷することが多いです。前十字靭帯は膝の関節内にある靭帯のため血流が乏しいです。
    続きを読む...

  7. 膝の痛みと違和感(不安定性)【後十字靭帯損傷】の症状・原因・治療

     1.後十字靭帯損傷とは後十字靭帯損傷とは、膝の関節内にある後十字靭帯の損傷をいいます。主に車の事故やバイク事故、ラグビーなどのコンタクトスポーツで受傷することが多い疾患です。
    続きを読む...

  8. 膝の曲げ伸ばしが痛い【分裂膝蓋骨(二分膝蓋骨)】の症状・原因・治療

      1.分裂膝蓋骨とは膝蓋骨の一部が分裂した状態をいい、骨片が1つある二分膝蓋骨が最も多いです。分裂があるからといって必ず痛みを伴うわけではありません。痛みを伴う場合は有痛性分裂膝蓋骨といいます。
    続きを読む...

  9. 足の痛みと腫れの東洋医学的分類と対策

    1.下肢の腫脹と疼痛とは?太ももの部分と膝から下の部分を合わせて「下肢」と表現します。ここではその下肢が腫れて、痛みのある症状について取り上げます。 2.分類東洋医学的には下肢の腫脹と疼痛を以下の3タイプに分類して、治療や養生指導を行っていきます。
    続きを読む...

  10. 膝の内側の痛み【膝離断性骨軟骨炎】の症状・原因・治療のまとめ

    1.膝離断性骨軟骨炎とはスポーツなどの繰り返す外力により、骨の先端にある関節軟骨の一部が、下の骨ごと一緒に剥がれ離断します。離断した軟骨骨片が、膝の関節に挟まったりする事で、膝の違和感や痛みを起こす疾患です。
    続きを読む...

  • お電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
    ※お問い合わせの前に、必ず下記の「治療をお断りする場合」をご覧ください。
  • 治療をお断りする場合
  • 杏の日記
  • 臨床研究
  • よくある質問"
  • 患者様の声"
  • 研修生の声
  • 研修制度について
  • 求人情報

メディア掲載情報

  • クロワッサン
  • パクロス
ページ上部へ戻る
杏総合治療所
◆住所
 〒534-0021
 大阪市都島区都島本通2-11-8
 アベニール1F
◆TEL&FAX
 06-6925-2323