ブログ

  1. 善怒(イライラ、怒りっぽい)の原因による分類と対策【東洋医学タイプ分類】

    1.イライラ、怒りっぽい(「善怒」)とは?善怒とは、理由がないのにイライラして、怒りっぽくなり、自制できないことを言います。東洋医学では「喜怒(きど)」「易怒(いど)」とも呼ばれています。
    続きを読む...

  2. 稀だが小児に多い【モンテギア(Monteggia)骨折】症状・原因・治療まとめ

    1.モンテギア(Monteggia)骨折についてモンテギア(Monteggia)骨折とは尺骨骨幹部上・中1/3部の骨折と同時に橈骨頭の脱臼しているものをいいます。稀な疾患ですが、小児に多い疾患です。受傷の仕方によって伸展型と屈曲型に分類されます。
    続きを読む...

  3. 身体がだるい!疲労倦怠感の原因による分類と対策【東洋医学タイプ分類】

    1.疲労倦怠感とは?精神的、身体的な疲れ、だるい感じのことを言います。急性、慢性の病気では程度の差はありますが、疲れやだるさと言った症状が出ます。ここではそのような病気に伴うものではなく、疲労やだるさを主症状とするものについてまとめています。
    続きを読む...

  4. 若い女性の手、腕、肩の痛みと痺れ【斜角筋症候群】症状・原因・治療まとめ

    1.斜角筋症候群について【標準整形外科学より】斜角筋は、首の骨(頸椎)から第1肋骨、第2肋骨にかけて付いている筋肉です。首の前側から、下記の3つがあります。
    続きを読む...

  5. 肥満の原因による分類と対策【東洋医学タイプ分類】

    1.肥満とは?体型が一般の人よりも太っていることを指します。なお、頭のふらつき、無力感、物を言うのがおっくう、息切れなどの症状を伴うことが多いです。カラダが太っていても、顔色がよく元気で、診察上も異常のないものは、ここでは肥満の範疇に含めません。
    続きを読む...

  6. 中年以上の女性に多い腰痛【腰椎変性すべり症】症状・原因・治療まとめ

    1.腰椎変性すべり症について腰椎とは背骨の中で5つの骨で構成される骨をいいます。この部位でひとつの骨が何らかの理由で前方あるいは後方にずれることを腰椎変性すべり症といいます。40歳以上の女性に多く発生し、男性に比べて約3倍といわれています。
    続きを読む...

  7. 顔や背中のにきびの原因・分類・対策【東洋医学タイプ分類】

    1.にきびとは?顔や背中、胸の辺りの毛穴に一致して生じる赤色のできもの、頂点に黒点のあるできもの、膿疱、結節などの事を指します。専門用語では『尋常性痤瘡(じんじょうせいざそう)』と言います。一般には青少年期に生じるものを「にきび」と言い、吹き出物とすることが多いです。
    続きを読む...

  8. 休むと歩ける足腰の痛みとしびれ【脊柱管狭窄症】症状・原因・治療まとめ

    1.脊柱管狭窄症について脳から伸びる脊髄という神経が通る管を脊柱管といいます。脊柱間狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)とは、その管が何らかの理由により狭くなり、様々な症状が起こっている状態を言います。定義としては、下記のようになります。
    続きを読む...

  9. 腰の痛みと足のしびれ【腰椎椎間板ヘルニア】症状・原因・治療まとめ

    1.腰椎椎間板ヘルニアについて椎間板とは背骨の各骨の間にあるクッションのような組織を椎間板と言います。椎間板を輪切りにすると外側は靭帯や線維輪という組織で、一番内側に髄核というゲル状の組織で成り立っています。ヘルニアとは逸脱という意味で、本来あるべき場所にないことを指します。
    続きを読む...

  10. 反り腰との関係は?腰痛と足の痺れ【腰椎分離・すべり症】症状・原因・治療

    1.腰椎分離症・分離すべり症について腰椎分離症・分離すべり症とは、何らかの原因により腰の骨にある関節の突起部分が分離することを腰椎分離症といいます。分離症により腰の骨が前方あるいは後方に滑りが加わることを腰椎分離すべり症といいます。
    続きを読む...

  • お電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
    ※お問い合わせの前に、必ず下記の「治療をお断りする場合」をご覧ください。
  • 治療をお断りする場合
  • 杏の日記
  • 臨床研究
  • よくある質問"
  • 患者様の声"
  • 研修生の声
  • 研修制度について
  • 求人情報

メディア掲載情報

  • クロワッサン
  • パクロス
ページ上部へ戻る
杏総合治療所
◆住所
 〒534-0021
 大阪市都島区都島本通2-11-8
 アベニール1F
◆TEL&FAX
 06-6925-2323