アーカイブ:2017年 10月

  1. 中学生の膝の痛み【オスグッド・シュラッター病】の症状・原因・治療まとめ

    1.オスグッド・シュラッター病とは骨がまだ成長していない10~15歳に多い疾患です。膝のすぐ下にある脛骨粗面という部分に痛みや腫れ、骨隆起が認められジャンプやボールを蹴る動作で痛みが起こります。放置していると脛骨粗面部の骨が剥離することもあります。
    続きを読む...

  2. 少年の膝痛【シンディング・ラーセン・ヨハンソン病】の症状・原因・治療

    1.シンディング・ラーセン・ヨハンソン病とは10~12歳の男の子に多い膝前面部に痛みを伴う疾患です。まだ骨が軟骨で、完全に骨化していないため靭帯の牽引力により膝蓋骨に炎症が起こります。主に膝の屈伸動作を行う競技で発症しやすいです。
    続きを読む...

  3. スポーツ競技者の膝の前の痛み【ジャンパー膝】の症状・原因・治療

    1.ジャンパー膝についてジャンパー膝とは、太ももの前にある大腿四頭筋が付着する部分や腱に負担がかかり炎症が起こった状態をいいます。別名膝蓋腱炎・大腿四頭筋腱炎ともいいます。
    続きを読む...

  4. ノロウイルス感染症の症状・原因・治療まとめ

    1.ノロウイルス感染症とは冬場の食中毒の原因に多い「ノロウイルス」というウイルスが原因で起こる感染性胃腸炎や食中毒の事です。一年中通して発生しますが、特に冬場に多く12~1月がピークで、11月~4月までが年間の80%を占めます。
    続きを読む...

  5. 膝の違和感と痛みの原因【膝窩嚢胞(ベーカー嚢胞)】まとめ

    1.膝窩嚢胞(ベーカー嚢胞)とは引用文献:標準整形外科学 第12版膝の裏にできる袋状に突出したものを膝窩嚢胞(ベーカー嚢胞)といいます。滑液包という袋に黄色い粘稠な液体が溜まり、膝裏の腫れとして確認できます。
    続きを読む...

  6. 膝の外側の痛みの原因【腸脛靭帯炎(ランナー膝)まとめ】

    1.腸脛靭帯炎(ランナー膝)についてランナーに多い疾患で、膝の屈伸を繰り返す動作により膝外側の痛みを発症する疾患です。腸脛靭帯とは、骨盤の外側から起こる、大腿筋膜張筋が靭帯へ移行したものを腸脛靭帯といいます。
    続きを読む...

  7. 【やさしい東洋医学】 肝之蔵の話

    質問が届いてます。ご紹介しますね。Q.「先生は私のことを「漢方で言う肝の蔵が悪い」とおっしゃいますが、現代医学の肝臓とは違うのですか?」 わしは、おQ博士じゃ!これは間違いやすいんじゃ。西洋医学の『肝臓』と東洋医学の『肝之蔵』は似てはいるが別ものなんじゃ。
    続きを読む...

  8. 膝の内側の痛みと腫れ【鵞足炎(鵞足滑液包炎)】の症状・原因・治療まとめ

    注目記事:膝の痛みと腫れを原因から解消する方法【東洋医学タイプ分類】【膝の痛み】痩せた!ダイエット?いいえ、鍼と養生です。
    続きを読む...

  9. 突発性難聴で難聴、耳鳴り、聴覚過敏の患者さん【症例】

    都島の鍼灸院、杏総合治療所の研修生しょーじです。今日は、難聴と耳鳴りと聴覚過敏が主訴の新患さんが来られました。
    続きを読む...

  10. 膝の前の痛みと膝が曲がらない膝蓋前滑液包炎の症状・原因・治療まとめ

    1.膝蓋前滑液包炎について膝にあるお皿(膝蓋骨)の前にある袋状の塊で、主に衝撃や摩擦などから守るためにあります。この滑液包が外傷や感染によって腫れたり、痛みが起こることを膝蓋前滑液包炎といいます。
    続きを読む...

  • メールでのお問い合わせ
    ※お問い合わせの前に、必ず下記の「治療をお断りする場合」をご覧ください。
  • 治療をお断りする場合
  • 杏総合治療所の治療の流れ
  • 杏の日記
  • 臨床研究
  • よくある質問"
  • 患者様の声"
  • 研修生の声
  • 研修制度について
  • 求人情報

メディア掲載情報

  • クロワッサン
  • パクロス
ページ上部へ戻る
杏総合治療所
◆住所
 〒534-0021
 大阪市都島区都島本通2-11-8
 アベニール1F
◆お問い合わせ
お問い合わせ