症例

  1. 【潰瘍性大腸炎】下痢が止まらない→鍼灸で寛解!

     体験談 下痢と腹痛が止まらない去年の6月ごろから腹痛と下痢に悩まされた。下痢は多い時には1日に15回以上になり、外に出るのが怖くて、家にいることが多くなった。大きな病院で調べてもらったところ、潰瘍性大腸炎(※1)と診断された。
    続きを読む...

  2. 脳が綺麗になっている!?【アルツハイマー病】

    アルツハイマー病のOさん(92歳)が来院されました。大変、順調で受け答えもしっかりされていますが、だいぶ歩行が頼りなくなってきました。高齢者は、歩く量が減ってくると、途端に様々な不調が現れます。
    続きを読む...

  3. 妊娠してるかも。

    小児鍼で通院中のMのママが、「気持ち悪くてごはんが食べられない」と言います。脈を診てみると、妊娠してるっぽい。そう告げると、「脈で妊娠が分かるんですか?」とMママ。「だいたいね。」と私。
    続きを読む...

  4. うつ

    「(アルツハイマー型+脳血管障害型)認知症+うつ+意欲低下」の患者さんです。今日、来院されて、ご家族に伺ったところ、向上した点が何点かあったそうです。一点目は、毎年GWにお友達と行っている旅行に、やはり今年も行きたいと言い出したそうです。
    続きを読む...

  5. 認知症治療としての小児鍼の効果と可能性 【東洋医学的考察と実験】

    先般の「お茶が出せるようになった」認知症の患者さんの続きです。忙しくて更新が滞りがちですいません。今日、細かい数字や定義を調べ直すヒマが無くて放置している草稿を見てみました。すると、続きのあるエントリが100近くたまっていってゾッとしました(笑)。
    続きを読む...

  6. 夜尿症と夜泣きの原因と対策は?

    今年から診ている兄妹。素晴らしく成果が上がってる。だから子供の治療は大好きだ。小学生の兄は夜尿症と足腰が弱く疲れやすい。体も小さい。幼稚園の妹は夜鳴きとアトピー。なんと言っても、ご両親の頑張りが素晴らしい。それに尽きるだろう。
    続きを読む...

  7. 認知症の症例 【アルツハイマー病+脳血管障害型(+うつ+意欲低下)】 

    お茶が出せるようになった。「アルツハイマー型+脳血管障害型+うつ+意欲低下」の患者さんです。今日、来院時に付き添いの娘さんに伺ったところ、来客に「お茶が出せる」ようになって来たそうです。もともとお客好きなのに、全くお茶を出せなくなっていたそうです。
    続きを読む...

  8. アルツハイマー型+脳血管型

    アルツハイマー型+脳血管障害型+うつ+意欲低下の認知症と、大学病院で診断されている85歳の患者さんが来院されました。今日は4回目です。前々回、仕掛けをしておきました。
    続きを読む...

  9. 【赤ちゃんの便秘を解消するには?】便秘ベビーYちゃん3か月

     便秘ベビーYちゃん3か月のその後です。先週末、治療して、今日来院しました。一回目からこの間、どんどん順調になり問題無いので、今回はOKと言う事にしました。ただ、先にも書いた通り、便秘は生物の基本機能なので、大切ですし、そうそう真に解消されるものではありません。
    続きを読む...

  10. 左側股関節内側の痛みの原因 腸腰筋の治療【変形性股関節症】

    股関節の痛みで歩けない患者さんです。3年前から特に理由無く痛くなり、股関節の骨がすり減り(変形性股関節症)、足を引きずる為、杖をついています。まだ50代の男性です。痛いのは、左股関節の前部とのこと。確認してみると、よく上がっています。
    続きを読む...

  • メールでのお問い合わせ
    ※お問い合わせの前に、必ず下記の「治療をお断りする場合」をご覧ください。
  • 治療をお断りする場合
  • 杏総合治療所の治療の流れ
  • 杏の日記
  • 臨床研究
  • よくある質問"
  • 患者様の声"
  • 研修生の声
  • 研修制度について
  • 求人情報

メディア掲載情報

  • クロワッサン
  • パクロス
ページ上部へ戻る
杏総合治療所
◆住所
 〒534-0021
 大阪市都島区都島本通2-11-8
 アベニール1F
◆お問い合わせ
お問い合わせ