an’s diary 杏の日記

  1. 肘が痛い!成人に多い【肘頭骨折】症状・原因・治療まとめ

    1.肘頭骨折について肘頭とは肘の後面にある肘の頂点の突起部分をいい、この部位の骨折を肘頭骨折といいます。成人に多い疾患で小児には比較的少ない疾患です。・原因原因としては転倒した際に地面に肘をぶつけて受傷することが多いです。
    続きを読む...

  2. 小児や高齢者の手首の痛み【橈骨遠位端部骨折(コーレス骨折)】症状・原因・治療まとめ

    1.コーレス骨折とは手のひらをついて転倒した際に、橈骨遠位端部(手関節に近い部分)が折れる骨折です。全骨折の約1割を占め骨折の頻度が高く、小児から高齢者にいたる幅広い年齢層に発生します。比較的高齢者の方が発生頻度は高いです。
    続きを読む...

  3. 稀だが小児に多い【モンテギア(Monteggia)骨折】症状・原因・治療まとめ

    1.モンテギア(Monteggia)骨折についてモンテギア(Monteggia)骨折とは尺骨骨幹部上・中1/3部の骨折と同時に橈骨頭の脱臼しているものをいいます。稀な疾患ですが、小児に多い疾患です。受傷の仕方によって伸展型と屈曲型に分類されます。
    続きを読む...

  4. 中年以上の女性に多い腰痛【腰椎変性すべり症】症状・原因・治療まとめ

    1.腰椎変性すべり症について腰椎とは背骨の中で5つの骨で構成される骨をいいます。この部位でひとつの骨が何らかの理由で前方あるいは後方にずれることを腰椎変性すべり症といいます。40歳以上の女性に多く発生し、男性に比べて約3倍といわれています。
    続きを読む...

  5. 反り腰との関係は?腰痛と足の痺れ【腰椎分離・すべり症】症状・原因・治療まとめ

    1.腰椎分離症・分離すべり症について腰椎分離症・分離すべり症とは、何らかの原因により腰の骨にある関節の突起部分が分離することを腰椎分離症といいます。分離症により腰の骨が前方あるいは後方に滑りが加わることを腰椎分離すべり症といいます。
    続きを読む...

  6. 見逃されやすい足首の捻挫【二分靱帯損傷】症状・原因・治療まとめ

    1.二分靱帯損傷について二分靱帯とは、上の図の緑色の部分の外くるぶしのななめ前辺りにある、Yの字を横にしたような形の靱帯のことです。このY字型の靱帯の損傷を二分靱帯損傷と言います。多くは足を内側に捻って二分靭帯に牽引力がかかり受傷します。
    続きを読む...

  7. 肌が痒い!皮膚掻痒(そうよう)の原因・分類・対策【東洋医学タイプ分類】

    1.皮膚掻痒とは?皮膚のかゆみを自覚して、掻きたくなりますが、原因となるような皮膚の変化が認められないものを言います。ただし、掻き崩してしまったために二次的に皮疹を発生する場合はあります。
    続きを読む...

  8. 肛門のかゆみの原因と分類と対策【東洋医学タイプ分類】

    1.肛門掻痒(そうよう)とは?肛門周辺の皮膚の頑固な痒みのことを指します。痔核、痔瘻、裂肛、膿腫、蛔虫なども二次的に肛門のかゆみを伴います。しかし、ここでは肛門の皮膚に原発する痒みに重点を置き、その他のものは含めません。
    続きを読む...

  9. 足首の捻挫の後遺症?【足根洞症候群】症状・原因・治療まとめ

    1.足根洞症候群とは?足根洞とは、外くるぶしの下にある足根洞と言われる洞穴状になっている部分のことを言います。距骨と踵骨と言う骨で構成されており、この部分に何らかの異常があり、痛みや歩行時の不安定性と言った症状が出るものを足根洞症候群と言います。
    続きを読む...

  10. 外反母趾の痛みや腫れなど症状・原因・治療まとめ

    1.外反母趾について外反母趾とは足の親指が人差し指側にくの字(外反・回内)に変形することをいいます。症状として、親指内側の痛みや腫れが起こり、可動域制限を伴うことがあります。発症にはハイヒールなどの靴の影響が大きいとされ、そのため、10:1の割合で女性に多い疾患です。
    続きを読む...

  • メールでのお問い合わせ
    ※お問い合わせの前に、必ず下記の「治療をお断りする場合」をご覧ください。
  • 治療をお断りする場合
  • 杏総合治療所の治療の流れ
  • 杏の日記
  • 臨床研究
  • よくある質問"
  • 患者様の声"
  • 研修生の声
  • 研修制度について
  • 求人情報

メディア掲載情報

  • クロワッサン
  • パクロス
ページ上部へ戻る
杏総合治療所
◆住所
 〒534-0021
 大阪市都島区都島本通2-11-8
 アベニール1F
◆お問い合わせ
お問い合わせ