an's diary 杏の日記, 手の痛み

手の痛みで意外に多い【中手骨骨折】の症状・原因・治療まとめ

LINEで送る
Pocket

1.中手骨骨折について

中手骨とは手の平を構成する骨のことで、この部位の骨折を中手骨骨折といいます。
主に拳をぶつけた際や転倒した際、事故などに多い骨折です。
指骨骨折ほどではありませんが発生頻度も高く、中でも第5指の中手骨に生じるボクサー骨折は頻度が高いです。
母指の中手骨・小指の基部骨折は別記事に記載します。
・症状
骨折部に痛みや腫脹を生じます。
骨折部位によっては変形することもあり、しばしば皮膚を突き破ることもあります。
・治療
骨折部のずれが少ない又全くない場合は整復して固定します。
関節内に骨折線が及んでいたり転位が著しい場合は手術が適応となります。
また固定しても安静が保てずに再転位が生じやすい部位です。
・後遺症
後遺症も残しやすく、骨折部に痛みが残存したり指を動かしにくくなるなどの症状が起こることもあります。

 

2.中手骨骨折の症状

◆骨折部の痛み

骨折により激しい痛みが生じます。

◆骨折部の腫れ

骨折部に血が溜まり大きく腫れます。

◆手部の変形

骨折部がズレている場合は変形することもあります。
多くは手背側に凸変形します。

 

3.中手骨骨折の原因

原因は手部に外力が直接加わったり、何かをパンチした際に骨幹部や頚部にテコがかかり骨折が起こります。
さらに中手骨には多くの筋肉が付着しているため筋肉の牽引により転位しやすいです。

4.中手骨骨折の分類

骨折部位によって分類が異なります。

3-1.中手骨骨頭骨折

頚部骨折の骨折線が関節内に及んでいる場合が多いですが、圧砕による粉砕骨折も生じます。
骨片の数が多かったり、転位が著しい場合は手術が適応となります。
また人咬創による開放骨折なども発生しやすいです。

3-2.中手骨頚部骨折(ボクサー骨折)

拳を強打することによって発生しやすいです。
主に第4・5指の発生頻度が高く背側凸の屈曲転位を呈します。

詳しくはこちら:中手骨頚部骨折について

3-3.中手骨骨幹部骨折

手背を強打した際に発生しやすいです。
骨幹部骨折は外力の働き方によって横骨折と斜骨折・螺旋状骨折を呈します。
横骨折では筋の作用により背側凸の屈曲転位が助長されやすいです。
斜骨折や螺旋状骨折では屈曲転位が生じることは少ないですが短縮転位や回旋転位が生じやすいです。
特に2指や5指では転位が著しくなります。

3-4.中手骨基部骨折

母指で生じる中手骨基部骨折では脱臼骨折となりやすいです。
小指でも同じく脱臼骨折となりやすいため別記事に記載いたします。

 

4.中手骨骨折の検査と診断

4-1.視診と触診

受傷機転や圧痛部位などを検査します。
回旋転位の有無に関してはMP関節を屈曲させて確認します。
その他の確認方法として爪を正面から見て、回旋がないか確認します。

4-2.画像検査

レントゲンにて骨折の有無や転位の程度などを確認します。

 

5.中手骨骨折の一般的な治療

5-1.保存療法

◇整復
骨折部にズレがある場合は骨折部を整復します。
頚部骨折では、手関節を軽度伸展し固定します。
患肢の中手指節関節を直角に屈曲して中手骨長軸方向に牽引しつつ基節骨を介して背側に突き上げます。
一方の手で背側凸に変形した近位骨片端に圧迫を加えて整復します。

骨幹部骨折では、ます患肢を長軸に牽引し他方の手で骨折近位部を対牽引します。
両母指で背側から掌側へ圧迫し整復します。
整復後は回旋転位を確認するために基節骨を直角まで屈曲させて確認します。

◇固定
MP関節屈曲位PIP関節伸展位で固定し隣接指も固定します。
約4週間程度固定します。

◇運動療法
3週間ごろから関節拘縮を防ぐために運動を開始します。

5-2.手術療法

転位が著しい場合や粉砕骨折、関節内に骨折線が及んでいる場合などは手術が適応となることが多いです。

 

6.中手骨骨折と間違いやすい疾患

◆手部の軟部組織損傷

転位のない骨折では打撲、捻挫や腱炎などと見誤ることがあります。

 

7.中手骨骨折の予後と後遺症

中手骨骨折は変形したまま治癒することが多いため美容上の問題や、痛みや機能障害を残しやすい部位です。
特に関節内に骨折線が及んでいる場合は機能障害を残しやすいです。

 

関連記事:

首の痛み(頸項痛)の原因と分類と対策【東洋医学タイプ分類】

首のこわばり、つっぱり、こり(項強)の原因と分類と対策【東洋医学タイプ分類】

肩の痛みを自分で治す為の方法【東洋医学タイプ分類】

★妊婦の肩こりに危険なツボ【肩井】【合谷】について

 

にほんブログ村

 

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
大阪府大阪市都島区にある総合治療院 「手の痛み」なら杏総合治療所
谷町線都島駅から徒歩30秒。
JR環状線桜ノ宮駅より徒歩8分。
痛みの原因を根本から治療し、あなたの人生を豊かにします。

◆Webサイト:http://an-sogo.com/
お問い合わせはこちら
◆診療時間:平日9:00~12:30・16:00~19:30
※火・木・土曜日は9:00~12:30
◆定休日:日曜
◆住所:〒534-0021 大阪市都島区都島本通2-11-8アベニール1F
◆駐車場:近隣のコインパーキングをご利用ください。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

LINEで送る
Pocket

関連記事

  • メールでのお問い合わせ
    ※お問い合わせの前に、必ず下記の「治療をお断りする場合」をご覧ください。
  • 治療をお断りする場合
  • 杏の日記
  • 臨床研究
  • よくある質問"
  • 患者様の声"
  • 研修生の声
  • 研修制度について
  • 求人情報

メディア掲載情報

  • クロワッサン
  • パクロス
ページ上部へ戻る
杏総合治療所
◆住所
 〒534-0021
 大阪市都島区都島本通2-11-8
 アベニール1F
◆お問い合わせ
お問い合わせ