手の痛み, 育児の知っておくべきこと

小児の腕の痛み【肘内障】症状・原因・治療まとめ

LINEで送る
Pocket

1.肘内障について

肘内障とは別名「肘引っ張り症候群」とも言われ、肘関節にあるの橈骨頭の亜脱臼をいいます。
肘関節に発生する外傷で最も多く、手を引っ張った際に起こりますが、他にも寝返りや鉄棒により受傷することもあります。
・症状
痛みのために腕を動かさなくなり突然泣き出します。
受傷後は肘を軽く曲げ手を内側に向くようにします。
ある程度動かせますが、それ以上動かそうとすると不安感や痛みを感じて腕を動かさなくなります。
・原因
腕を引っ張ったことにより輪状靭帯という輪っかのような靭帯をくぐりぬけて発生します。
他にも寝返りや鉄棒、寝転んだ子どもを起こそうとしたときにも起こります。
・治療
治療は徒手で亜脱臼を整復します。
整復されない場合は骨の損傷などの可能性があるためレントゲンや超音波にて検査を行います。
亜脱臼が整復されると少し時間を置いてから肘を動かすようになります。
・予後
肘内障は繰り返すことが多いですが、成長に伴って肘内障を起こさないようになります。
両親に子どもの手を引っ張らないように指導します。

 

2.肘内障の症状

◆肘の痛み

腕の痛みにより肘を軽く曲げ手を内側に向けてだらりとしています。
痛みのために突然泣き出し、腕を動かさないようにします。

◆運動障害

ある程度曲げることはできますが、それ以上動かそうとすると痛みや不安感のがあり、同時に関節が固まる(ロック)状態になります。

 

3.肘内障の原因

子どもの手を引っ張った際に橈骨頭が輪状靭帯をくぐりぬけて関節が亜脱臼を起こし受傷します。
子どもは骨が未発達のため大部分が軟骨で形成されていることや、3歳前後の小児によくみられる全身の関節が緩いために起こると言われています。
手を引っ張る以外にも、
・鉄棒にぶら下がった時
・寝返りをした時
・転んだ子どもを起こそうとした時
などに起こります。

年長児に起こる肘内障の場合では靭帯の断裂を伴うこともあるため注意が必要です。

 

4.肘内障の検査と診断

受傷原因などからおおまかな診断はできますが、保護者が見ていないときに起こることもあるため上肢全体を慎重に観察する必要があります。
その他にも骨傷の有無などを検査します。

4-1.視診・触診

腫れはなく動かさなければ圧痛が明らかでないことが多いです。
受傷した際の状況が分かれば診断は容易です。
子どもは腕を軽度屈曲・前腕回内位にします。
ある程度動かすことは可能ですがそれ以上動かそうとするとロック状態となることがあります。

4-2.画像検査

レントゲンにて亜脱臼の有無や他の軟骨損傷などがないか検査します。
受傷理由がはっきりしない場合には超音波検査が有用で、腕頭関節に回外筋が引き込まれる特徴的な像がみられます。

 

5.肘内障の一般的な治療

基本的に徒手整復で良好な結果がみられます。

5-1.整復

整復方法には2種類あります。
整復されて10分ほど経つと何事もなかったかのように腕を動かします。
整復しても痛みや可動域制限がある場合は、骨に傷が入っていたり、靭帯が挟まった状態になっている可能性もあるので画像検査を行います。

◇回外・屈曲法
前腕を回外し肘前方から圧迫を加えつつ肘関節を屈曲して整復します。
整復されると「コツッ」というクリック音を伴って整復されます。

◇回内法
手掌を内側(前腕の回内)に回しながら、もう一方の手で肘に圧迫を加えて整復します。

5-2.固定

1週間程度ギプス固定をすることもありますが、2~3週間三角巾による固定することもあります。

 

6.肘内障と間違いやすい疾患

肘内障では受傷機転や特徴的な姿勢によっておおまかな診断は容易です。
整復が不可能な場合では靭帯が挟まっていたり骨に傷が入っていることもあるので注意が必要です。
治療をしてもらった後でも痛みが続くようであれば再度受診してください。

 

7.肘内障の予後と後遺症

一度肘内障を起こすと繰り返します。
しかし成長とともに自然に安定します。
再発防止のために、保護者に本疾患がどのように起こるかを説明し、子どもの手を引っ張らないように指導します。

 

関連記事:

夜尿症(おねしょ)の原因と分類と対策【東洋医学タイプ分類】

子供の便秘

子供の噛みつき癖

子供の治療

真生幼稚園・根っこの会【東洋医学に学ぶ、子育てのコツ】と小児はり

 

にほんブログ村

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
大阪府大阪市都島区にある総合治療院 「肘の痛み」なら杏総合治療所
谷町線都島駅から徒歩30秒。
JR環状線桜ノ宮駅より徒歩8分。
健やかな妊活、穏やかな出産、賢い子育てを手助けします。

◆Webサイト:http://an-sogo.com/
お問い合わせはこちら
◆診療時間:平日9:00~12:30・16:00~19:30
※火・木・土曜日は9:00~12:30
◆定休日:日曜
◆住所:〒534-0021 大阪市都島区都島本通2-11-8アベニール1F
◆駐車場:近隣のコインパーキングをご利用ください。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

LINEで送る
Pocket

関連記事

  • メールでのお問い合わせ
    ※お問い合わせの前に、必ず下記の「治療をお断りする場合」をご覧ください。
  • 治療をお断りする場合
  • 杏総合治療所の治療の流れ
  • 杏の日記
  • 臨床研究
  • よくある質問"
  • 患者様の声"
  • 研修生の声
  • 研修制度について
  • 求人情報

メディア掲載情報

  • クロワッサン
  • パクロス
ページ上部へ戻る
杏総合治療所
◆住所
 〒534-0021
 大阪市都島区都島本通2-11-8
 アベニール1F
◆お問い合わせ
お問い合わせ