an's diary 杏の日記, 手の痛み

肘が痛い!成人に多い【肘頭骨折】症状・原因・治療まとめ

LINEで送る
Pocket

1.肘頭骨折について

肘頭とは肘の後面にある肘の頂点の突起部分をいい、この部位の骨折を肘頭骨折といいます。
成人に多い疾患で小児には比較的少ない疾患です。
・原因
原因としては転倒した際に地面に肘をぶつけて受傷することが多いです。
肘を伸ばしたまま手を衝いて転倒し、肘頭部分と肘頭窩が衝突して受傷することもあります。
他にも上腕三頭筋の腱が付着しているため筋肉の牽引力によって裂離骨折を起こすこともあります。
・症状
症状は肘周囲の痛みと腫れで、痛みのために肘を動かしにくくなります。
ゆっくりだと動かせることもあるため注意が必要です。
・治療
この部位は筋肉が付着するため骨折部が引っ張られてずれることもあります。
そのため手術となることもあります。
骨折部のずれが少ない、またはない場合は固定などの保存療法を行います。
・後遺症
肘頭部以外の骨折が合併している場合や脱臼などがある場合は治癒しても関節の運動障害などを残すこともあります。
骨折の形態によっては偽関節といって骨がくっつかないまま治癒が終了してしまうこともあります。

 

2.肘頭骨折の症状

◆肘後面の痛み

骨折のために痛みが生じます。

◆肘周囲のはれ

肘の後方がはれます。
時間経過とともに肘全体的にはれてきます。

◆肘の可動域制限

肘頭部は肘の曲げ伸ばしに関わる関節のために骨折が起こると動かしにくくなります。

 

3.肘頭骨折の原因

 

 

転倒や転落した際にこの部位を骨折することが多いです。
主に肘が曲がった状態で転倒して直接地面にぶつけて受傷することが多いです。
他にも転倒した際に手を伸ばした状態だと肘頭と肘頭窩が衝突して骨折することがあります。
小児の場合は上腕骨顆上骨折になることがあります。

他にも肘頭には上腕三頭筋という筋肉が付着します。
そのため筋肉の牽引力により裂離骨折を起こすこともあります。

◆骨片の転位

肘頭は上腕三頭筋が付着するため筋肉の牽引力によって骨折部が離れるような力が働きます。
そのため骨折の治癒の障害となったり、骨折部がくっつかないまま癒合過程が終了する偽関節という状態になることもあります。

 

4.肘頭骨折の検査と診断

4-1.触診・視診

肘頭部に激しい圧痛を認めます。
骨折部が離開している場合には肘頭部分に陥凹を触知することもあります。

4-2.画像検査

レントゲンにて検査します。
他の骨折の有無を確認します。

 

5.肘頭骨折の一般的な治療

転位のない場合や少ない場合は保存療法を行います。
骨折部のずれが著しい場合や骨折の形態によっては手術が適応となります。

5-1.保存療法

転位のない場合や少ない場合は保存療法が選択されます。

◇整復
骨折部にずれがある場合は整復してから固定を行います。
患部を静かに伸展させ上腕三頭筋の弛緩を図り骨片への牽引を除きます。
その後両母指を用いて近位骨片を徐々に下方に押し下げ、前下方へ直圧を加え遠位骨片に適合させます。

◇固定
ギプスにて固定を行います。
肘は伸ばした状態で前腕は回外位にします。
近位骨片の後方部に綿花枕子を当てて近位骨片を遠位骨片に向かって圧迫します。
上腕~手掌部まで固定します。

5-2.手術療法

本疾患は筋肉が付着する部位のため容易に骨折部が転位します。
転位が著しい場合は手術が選択されます。
内固定材料で骨折部を固定します。

 

6.肘頭骨折の合併症

◆橈骨頭・頚部骨折・脱臼

橈骨とは前腕部の外側の骨で、手をついて転倒した際に受傷しやすいです。

◆外・内側上顆骨折

肘の外側・内側の突起部を外・内側上顆といい、この部位の骨折を外・内側上顆骨折といいます。
多くは手を衝いて受傷した際に外・内反力が加わり受傷します。

◆肘関節前方脱臼

骨折に伴い肘関節が脱臼することもあります。

◆尺骨神経麻痺

肘の内側に走る神経を尺骨神経といいます。
この神経が損傷すると麻痺が起こり運動障害や感覚異常などの症状が起こります。

 

7.肘頭骨折と間違いやすい疾患

◆橈骨頭骨折
◆肘頭骨折
◆上腕骨顆上骨折
小児の場合本疾患と同じような受傷の仕方をすると上腕骨顆上骨折となりやすいです。
◆上腕骨内顆骨折
◆上腕骨遠位骨端線離開
◆尺骨鈎状突起
◆肘内障
◆上腕骨通顆骨折
◆肘関節脱臼
◆肘関節脱臼骨折(上腕骨外顆骨折+腕尺関節脱臼)

 

8.肘頭骨折の予後と後遺症

骨折部の転位が少なく固定後も再転位がなければ予後良好です。
しかし、転位が著しい場合や骨折部が粉砕している、他の骨折が合併して骨折部が不安定な場合は関節の機能障害などが起こります。

 

関連記事:

首の痛み(頸項痛)の原因と分類と対策【東洋医学タイプ分類】

首のこわばり、つっぱり、こり(項強)の原因と分類と対策【東洋医学タイプ分類】

肩の痛みを自分で治す為の方法【東洋医学タイプ分類】

★妊婦の肩こりに危険なツボ【肩井】【合谷】について

 

にほんブログ村

 

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
大阪府大阪市都島区にある総合治療院 「肘の痛み」なら杏総合治療所
谷町線都島駅から徒歩30秒。
JR環状線桜ノ宮駅より徒歩8分。
痛みの原因を根本から治療し、あなたの人生を豊かにします。

◆Webサイト:http://an-sogo.com/
お問い合わせはこちら
◆診療時間:平日9:00~12:30・16:00~19:30
※火・木・土曜日は9:00~12:30
◆定休日:日曜
◆住所:〒534-0021 大阪市都島区都島本通2-11-8アベニール1F
◆駐車場:近隣のコインパーキングをご利用ください。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

LINEで送る
Pocket

関連記事

  • メールでのお問い合わせ
    ※お問い合わせの前に、必ず下記の「治療をお断りする場合」をご覧ください。
  • 治療をお断りする場合
  • 杏の日記
  • 臨床研究
  • よくある質問"
  • 患者様の声"
  • 研修生の声
  • 研修制度について
  • 求人情報

メディア掲載情報

  • クロワッサン
  • パクロス
ページ上部へ戻る
杏総合治療所
◆住所
 〒534-0021
 大阪市都島区都島本通2-11-8
 アベニール1F
◆お問い合わせ
お問い合わせ