足の痛み

小学生の踵の痛み【セーバー病(踵骨骨端症)】症状・原因・治療まとめ

LINEで送る
Pocket

1.踵骨骨端症(Sever病)について

踵骨骨端症とは過度な運動により筋肉や腱膜に引っ張られ、踵の骨に炎症が起こることをいいます。
10歳前後の男児に多く発生し、踵がつけなくなって爪先で歩いたり、足を引きずるような跛行(はこう)という症状がでます。

子どもの骨は成長軟骨といって、大人に比べて柔らかい軟骨でできています。
そのため急に運動量が多くなると負担がかかり、ふくらはぎにある筋肉や足裏にある筋に牽引され骨が引き離されます。
引き離された部位には炎症が起こり痛みなどの炎症症状がでます。

痛みが強い場合は安静にして痛みがなくなるのを待ちます。
その他にも足裏のアーチをサポートする足底板や踵を保護するヒールカップを用いて治療します。

治療の経過は良好で、安静にすることができれば自然と治ります。
大人になると骨が完全に硬化するので症状も起こりません。

 

2.踵骨骨端症(Sever病)の症状

◇かかとの痛み

起床時や運動後に痛みが起こります。
痛みのために足を引きずったり、爪先で歩くような歩き方がみられます。

◇可動域制限

痛みのために足が動かしにくくなります。
特に足首を上にあげる背屈という動作が制限されます。

 

3.踵骨骨端症(Sever病)の原因

原因は運動量の増加により踵の骨に負担がかかることで起こります。
他にも、もともと偏平足などの足部変形がある場合や踵をぶつけたりすると踵骨骨端症を起こしやすくなります。
踵骨骨端症の患者の多くは偏平足があると言われています。

こどもの骨は大人と違って成長軟骨という軟骨で形成されています。
成長するにつれて徐々に骨化していきますが、大人に比べて外力に弱い骨といえます。

踵の骨にはいくつかの筋肉が付着しています。
この中でもふくらはぎにある筋肉や、足裏にある足底筋膜による牽引で、成長途中である踵の骨が引き離され発症します。

 

 

3-1.踵骨骨端症の多いスポーツ一覧

基本的にどのような競技でも発生します。
特に多いものとしてダッシュやジャンプ、ランニング動作の多い競技に発生しやすいです。
・バスケットボール
・陸上競技
・野球
・バレー
・テニス
など

4.踵骨骨端症(Sever病)の検査と診断

4-1.触診・視診

腫れや発赤が認められることは少ないです。
踵部に圧痛があり、踵骨結節部の内側及び外側に圧痛がみとめられます。

4-2.画像検査

レントゲンにて検査を行います。
骨端核の分節化や扁平化、硬化像や骨端線の拡大や不整がみられます。

 

5.踵骨骨端症(Sever病)の一般的な治療

基本的には保存療法を行います。
安静にしていると消失するため手術を行うことは少ないです。

5-1.保存療法

◆安静
痛みが強い場合は松葉づえなどを用いて体重をかけないようにします。
原因となるスポーツや動作の中止を指導します。
また、運動量の調整や硬い路面での走行を中止します。

◆足底板
足裏やふくらはぎに負荷のかからないように足底板を用います。
足裏にあるアーチをサポートするものや、踵やや高くして保護するヒールカップなどを用います。

 

6.踵骨骨端症(Sever病)と間違いやすい疾患

※間違いやすい疾患です。下記リンクページで確認することをお勧めします。

 

6-1.偏平足(←詳しくはこちら)

足にある内側縦アーチ(土踏まず)が何らかの原因で潰れることを偏平足といいます。
症状のない偏平足もありますが、本疾患のように他の疾患に影響を及ぼす場合もあります。

 

6-2.アキレス腱炎(←詳しくはこちら)

ふくらはぎにある筋肉の腱をアキレス腱といいます。
この部位の炎症は踵に近い部位にも起こるため鑑別が必要です

 

6-3.足底筋膜炎(←詳しくはこちら)

足裏にあるアーチを保持する筋を足底筋膜といいます。
この部位での炎症は踵に近く症状も似ています。

 

7.踵骨骨端症(Sever病)の予後と後遺症

治療経過は良好です。
原因となるスポーツの中止を促し、安静を保ちます。
大人になると成長軟骨が完全に骨化するため症状も消失します。

 

 

関連記事:

足裏の痛み【足底腱膜炎(筋膜炎)】症状・原因・治療まとめ

外反母趾の痛みや腫れなど症状・原因・治療まとめ

本当に治療が必要か?【偏平足】症状・原因・治療まとめ

【ランニングや中高年のアキレス腱の痛み】アキレス腱周囲炎・腱炎の症状・原因・治療まとめ

 

※内容に誤りや情報が古いなどありましたらお手数ですがご一報ください。

にほんブログ村

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
大阪府大阪市都島区にある鍼灸院 「足の痛み」なら杏総合治療所
谷町線都島駅から徒歩30秒。
JR環状線桜ノ宮駅より徒歩8分。
東洋医学を正しく研究・理解・実践・普及し、世界を治す。

◆Webサイト:http://an-sogo.com/
◆電話でのお問い合わせ:06-6925-2323
◆メールでのお問い合わせ:info@an-sogo.com
◆診療時間:平日9:00~12:30・16:00~19:30
※火・木・土曜日は9:00~12:30
◆定休日:日曜
◆住所:〒534-0021 大阪市都島区都島本通2-11-8アベニール1F
◆駐車場:近隣のコインパーキングをご利用ください。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

LINEで送る
Pocket

関連記事

  • お電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
    ※お問い合わせの前に、必ず下記の「治療をお断りする場合」をご覧ください。
  • 治療をお断りする場合
  • 杏の日記
  • 臨床研究
  • よくある質問"
  • 患者様の声"
  • 研修生の声
  • 研修制度について
  • 求人情報

メディア掲載情報

  • クロワッサン
  • パクロス
ページ上部へ戻る
杏総合治療所
◆住所
 〒534-0021
 大阪市都島区都島本通2-11-8
 アベニール1F
◆TEL&FAX
 06-6925-2323