an's diary 杏の日記

ほうじ茶とハトムギ茶

LINEで送る
Pocket

 

都島の鍼灸院、杏総合治療所の研修生しょーじです。

今日はお茶についての話題です。

 

杏総合治療所では、冬はほうじ茶、夏はハトムギ茶を提供し、患者さんにもオススメしています。

 

ほうじ茶にはカラダを温める作用があり、

ハトムギ茶にはカラダの中の余分な水分と熱を取り除く作用があるからです。

 

冬はほうじ茶、夏はハトムギ茶で良いのですが、

「今のような季節が移り変わっていく時期にはどっちを飲んだら良いの?」

ということを毎年のように聞かれます。

 

その際の決まり文句は、

「衣替えと同じように考えてください」

 

現在の夏服へ移行する衣替えは6月1日から始まり、約2週間から1カ月の移行期間を設けるところが多いようです。

この移行期の間、待ってましたとばかりにすぐ半袖になる方もいますし、ギリギリまで長袖を着ている方もいます。

 

先ほどのほうじ茶とハトムギ茶の作用を見てもらうとわかるように、

ほうじ茶は長袖、ハトムギ茶は半袖のようなものです。

 

ですから、この移行期には人によってどちらを飲むかは異なります。

 

ポイントは「カラダに聞くこと」です。

 

衣服に合わせるのも良いですし、カラダの感覚が正常な人であれば、どちらが美味しく感じるかでわかると思います。

それぞれに美味しい移行期を楽しんでください(^^♪

 

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
大阪府大阪市都島区にある総合治療院 杏総合治療所
谷町線都島駅から徒歩30秒。。
JR環状線桜ノ宮駅より徒歩8分。
痛みの原因を根本から治療し、あなたの人生を豊かにします。

◆Webサイト:http://an-sogo.com/
◆電話でのお問い合わせ:06-6925-2323
◆メールでのお問い合わせ:info@an-sogo.com
◆診療時間:平日9:00~12:30・16:00~19:30
※火・木・土曜日は9:00~12:30
◆定休日:日曜
◆住所:〒534-0021 大阪市都島区都島本通2-11-8アベニール1F
◆駐車場:近隣のコインパーキングをご利用ください。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

 

LINEで送る
Pocket

関連記事

  • お電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
    ※お問い合わせの前に、必ず下記の「治療をお断りする場合」をご覧ください。
  • 治療をお断りする場合
  • 杏の日記
  • 臨床研究
  • よくある質問"
  • 患者様の声"
  • 研修生の声
  • 研修制度について
  • 求人情報

メディア掲載情報

  • クロワッサン
  • パクロス
ページ上部へ戻る
杏総合治療所
◆住所
 〒534-0021
 大阪市都島区都島本通2-11-8
 アベニール1F
◆TEL&FAX
 06-6925-2323