痛み, 膝の痛み

膝が痛いけど歩ける場合がある【膝蓋骨骨折】の症状・原因・治療まとめ

LINEで送る
Pocket

1.膝蓋骨骨折とは

転倒や交通事故などで膝のお皿を強打し、骨折する事を膝蓋骨骨折といいます。

膝蓋骨は人体最大の種子骨で、大腿四頭筋と膝蓋靱帯に包み込まれています。

膝関節の保護と膝を伸ばすのに重要な役割を果たしています。

膝関節に起こる骨折の中では1番多く、スポーツをする人や若者から高齢者まで、幅広い年齢層で起こります。

骨折の頻度としては、そこまで多い骨折ではありませんが、転倒し膝をぶつけ痛みが引かず、腫れている場合は骨折している可能性があるので注意が必要です。

 

2.膝蓋骨骨折の症状

◆激しい痛み

受傷直後から骨折部にかけての激しい痛みがでます。

転位が少なければ、痛みを伴いながらも歩行が可能な事もあります。

膝蓋腱膜を断裂している場合は、膝蓋骨に陥凹を触れる事があります。

◆激しい腫れ

膝関節前方にかけて、激しい腫れが認められます。

時間とともに関節内に血腫が溜まり、膝関節全体が強く腫脹します。

◆可動域制限

腱膜を断裂している場合は、膝を真っ直ぐに伸ばす事が出来なくなります。

腱膜を断裂していない腱膜下骨折の場合は、膝を伸ばす事と歩行が可能な場合もあります。

 

3.膝蓋骨骨折の原因

転倒時や交通事故などで、膝関節前面を直接ぶつける、直達外力で骨折する場合が多いです。

スポーツ活動などで、膝を伸ばした状態から急激に膝を曲げた時に、大腿四頭筋の収縮によって骨折する介達外力で起こる事もあります。

スポーツでは、ラグビーやサッカーなど膝に強い衝撃が加わるコンタクトスポーツに多いです。

◆膝蓋骨骨折の分類

直達外力の骨折型は、腱膜下骨折、横骨折、縦骨折、粉砕骨折など様々ですが、介達外力によるものでは横骨折になります。

大腿四頭筋の収縮と、膝蓋靭帯の牽引により骨折部が上下に転位し、骨折部が離開する事があります。

骨折型は下図に分類され、横骨折が最も多いです

引用文献:柔道整復学・理論編 改訂第5版

4.膝蓋骨骨折の検査

◆問診、触診

膝をぶつけた状況や、スポーツ活動を問診します。

膝蓋靭帯を断裂している場合は、骨折部の陥凹を触れ、骨折部を確認出来ます。

◆画像検査

レントゲンにより、骨折部を確認します。

複雑骨折の場合はCTを用います。

膝伸展位での、上下骨片の離開の程度が治療方針を決めるための参考となります。

 

5.膝蓋骨骨折の一般的な治療

転位が軽度の場合は、4~5週間の副子固定をするなど、保存療法を用います。

開放性骨折や、転位が大きいものは手術の適応です。

◆保存療法

・固定

膝を真っ直ぐ伸ばした状態で、4~5週間程度シリンダキャスト(大腿部より足関節上部までのギプス固定)をします。

・運動療法

約1ヶ月の固定となり、膝関節周囲の筋が痩せて硬くなるため、急性期を避けて早期に運動を行います。

膝の曲げ伸ばしの可動域訓練や、大腿四頭筋などの筋力強化訓練が中心となります。

◆手術療法

ワイヤーやキルシュナー鋼線で固定します。

関節拘縮を防ぐため、術後から早期に膝の運動療法を行います。

開放骨折で高度な粉砕がある場合には、感染に対する処置をし、膝蓋骨を摘出する事もあります。

 

6.膝蓋骨骨折の合併症

◆神経損傷

直達外力によって神経を損傷する場合があり、感覚障害や筋の麻痺がおこります。

◆軟部組織損傷

直達外力により、半月板や膝周囲の靭帯の損傷を伴うことがあります。

 

7.膝蓋骨骨折の鑑別疾患

◆分裂膝蓋骨

明らかな原因は分かってませんが、膝蓋骨の打撲などが原因で、膝の痛みや動作に伴う痛みなどの症状が起こるものです。

直達外力によって膝蓋骨の外側の縦骨折や、辺縁骨折した場合、軸射X像(膝蓋骨を真上から見た画像)にて診断がつきやすいが、鑑別が必要です。

◆スリーブ骨折

10歳前後の成長期の子供に多い、膝蓋骨下端の剥離(はくり)骨折で骨片が小さく、分かりにくいので鑑別が必要です。

◆膝蓋骨骨軟骨骨折

若い女性に多く、膝蓋骨脱臼に伴うもので、膝蓋骨内側の小さな骨片なので、見逃しやすいです。

 

8.膝蓋骨骨折の予後と後遺症

転位が小さく、膝蓋腱膜を断裂していなければ予後は良好です。

開放性骨折や粉砕骨折の場合は、膝関節の曲げ伸ばしの可動域の減少を残すことがあります。

可動域訓練や筋力強化訓練などのリハビリをしっかり行えば、後遺症を残す事が少ないです。

不全骨折(ヒビ)の場合には、痛みがありながらも歩行が可能な事もあります。

歩けるから骨折していないと思わず、膝をぶつけ痛みが続くようであれば早期に医療機関を受診してください。

 

関連記事:

右膝の痛みが完全正座までもう一息!右変形性膝関節症ビフォーアフター画像!

【膝の痛み】痩せた!ダイエット?いいえ、鍼と養生です。

変形性膝関節症 膝の痛み【体験談】

膝の痛みと腫れの原因No.1!【変形性膝関節症まとめ】

 

※内容に誤りや情報が古いなどありましたらお手数ですがご一報ください。

にほんブログ村

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
大阪府大阪市都島区にある鍼灸院 「膝の痛み」なら杏総合治療所
谷町線都島駅から徒歩30秒。
JR環状線桜ノ宮駅より徒歩8分。
東洋医学を正しく研究・理解・実践・普及し、世界を治す。

◆Webサイト:http://an-sogo.com/
◆電話でのお問い合わせ:06-6925-2323
◆メールでのお問い合わせ:info@an-sogo.com
◆診療時間:平日9:00~12:30・16:00~19:30
※火・木・土曜日は9:00~12:30
◆定休日:日曜
◆住所:〒534-0021 大阪市都島区都島本通2-11-8アベニール1F
◆駐車場:近隣のコインパーキングをご利用ください。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

LINEで送る
Pocket

関連記事

  • お電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
    ※お問い合わせの前に、必ず下記の「治療をお断りする場合」をご覧ください。
  • 治療をお断りする場合
  • 杏の日記
  • 臨床研究
  • よくある質問"
  • 患者様の声"
  • 研修生の声
  • 研修制度について
  • 求人情報

メディア掲載情報

  • クロワッサン
  • パクロス
ページ上部へ戻る
杏総合治療所
◆住所
 〒534-0021
 大阪市都島区都島本通2-11-8
 アベニール1F
◆TEL&FAX
 06-6925-2323