an's diary 杏の日記, 膝の痛み

【膝の痛み】滑膜ひだ障害(タナ障害)の症状・原因・治療まとめ

LINEで送る
Pocket

 

 

1.滑膜ひだ障害(タナ障害)とは

 

 

滑膜ひだとは、胎生期に発生する滑膜(関節を包む袋)の未熟組織です。
通常なら退化しなくなっていくのですが、これが遺残したものを「滑膜ひだ」といいます。
日本人の50~60%に認められ、若い女性に多いです。
本来無害なものですが、何らかの原因により膝にあるお皿(膝蓋骨)と大腿骨に挟まれることで膝に痛みが生じます。
膝の内側に起こることが多いです。

 

2.滑膜ひだ障害(タナ障害)の症状

◆膝の痛み・違和感

膝蓋骨と大腿骨に挟まれ傷つくため痛みや違和感があります。
膝蓋骨の上下左右にひだが出来ますが、内側が最も多いです。

◆膝を動かした際に音が鳴る

膝を曲げる際には膝蓋骨が膝に押し付けられるような作用があります。
この際に滑膜ひだが挟み込まれ音が鳴ります。

◆膝を動かした際に引っかかる感じがある

膝を曲げ伸ばしする際に、膝蓋骨と大腿骨は上下にスライドするような動きをします。
ここに滑膜ひだが引っかかることがあります。

 

3.滑膜ひだ障害(タナ障害)の原因

スポーツなどの外傷を誘引として発症することが多いです。
膝を捻じるような切り返しの動作をするスポーツは注意が必要です。
・野球
・バスケット
・サッカー
・ラグビー
・テニスなど

また日常生活においても、立ち上がりや階段などの大腿四頭筋に負荷のかかる動作時に発症することがあります。

 

4.滑膜ひだ障害(タナ障害)の診断と検査

◆画像検査

まずレントゲンなどで骨に異常がないか調べます。
以上がない場合はMRIは必要です。
軟部組織(滑膜ひだや筋腱靭帯など)はレントゲンには写らないためMRIで検査します。

 

5.滑膜ひだ障害(タナ障害)の鑑別

◆内側側副靱帯損傷

膝の内側にある靭帯の断裂や部分断裂が起こる外傷です。

◆半月板損傷

膝の関節内にあるクッションの役割をする軟骨組織の損傷です。

◆膝蓋大腿関節症

膝蓋骨と大腿骨の関節に負担がかかり炎症が起こります。

◆ジャンパー膝

ジャンプなどの繰り返しの動作により膝蓋骨に付着する腱に炎症が起こる疾患です。

◆鵞足炎

膝の内側にある複数の筋(縫工筋・薄筋・半腱様筋)が付着する場所を鵞足といいます。
この部分に負担がかかり炎症が起こることを鵞足炎といいます。

◆変形性膝関節症

膝の変形により痛みを生じる疾患で、内側に起こりやすいです。

これらの膝の内側に起こりやすい疾患と鑑別が必要です。

 

変形性膝関節症についてはこちらへ

 

6.滑膜ひだ障害(タナ障害)の一般的な治療

◆保存療法

・安静
膝蓋骨と大腿骨に挟まれ炎症が起こるため原因となるスポーツや動作を中止します。

・固定
包帯などで軽度固定し、負担がかかりにくいようにします。

・冷却
炎症が起こり腫れや熱感のある場合は冷やします。

◆手術療法

・滑膜ひだ摘出術
症状が改善せず膝がひっかかり動かない状態になる場合は滑膜ひだを摘出する手術を行います。

 

7.滑膜ひだ障害(タナ障害)の予後と後遺症

動作に応じて症状が再発することもありますが、一般的に予後は良好です。
しかし、症状が長く続いたり、ロッキングのような症状がある場合は手術も検討します。

 

 

 

注目記事:

【膝の痛み】痩せた!ダイエット?いいえ、鍼と養生です。

変形性膝関節症 膝の痛み【体験談】

 

※内容に誤りや情報が古いなどありましたらお手数ですがご一報ください。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
大阪府大阪市都島区にある鍼灸院 「膝の痛み」なら杏総合治療所
谷町線都島駅から徒歩30秒。
JR環状線桜ノ宮駅より徒歩8分。
東洋医学を正しく研究・理解・実践・普及し、世界を治す。

◆Webサイト:http://an-sogo.com/
◆電話でのお問い合わせ:06-6925-2323
◆メールでのお問い合わせ:info@an-sogo.com
◆診療時間:平日9:00~12:30・16:00~19:30
※火・木・土曜日は9:00~12:30
◆定休日:日曜
◆住所:〒534-0021 大阪市都島区都島本通2-11-8アベニール1F
◆駐車場:近隣のコインパーキングをご利用ください。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

LINEで送る
Pocket

関連記事

  • お電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
    ※お問い合わせの前に、必ず下記の「治療をお断りする場合」をご覧ください。
  • 治療をお断りする場合
  • 杏の日記
  • 臨床研究
  • よくある質問"
  • 患者様の声"
  • 研修生の声
  • 研修制度について
  • 求人情報

メディア掲載情報

  • クロワッサン
  • パクロス
ページ上部へ戻る
杏総合治療所
◆住所
 〒534-0021
 大阪市都島区都島本通2-11-8
 アベニール1F
◆TEL&FAX
 06-6925-2323