子供の治療ブログ, 認知症

幼少期と老年期の共通項

LINEで送る
Pocket

%e5%b9%bc%e5%b0%91%e6%9c%9f%e3%81%a8%e8%80%81%e5%b9%b4%e6%9c%9fimage%ef%bc%92

私が、「こども」、「不妊」と「認知症」について、並行して書いてるのは何故だと思いますか?

こどもと老人は共通項が多いんです。
上左図を見て下さい。これは、認知症の健康講座で受講者に示したスライドの一部です。

■ 背筋が伸びない
■ 足腰が弱い
■ 言葉が上手く話せない
■ 髪が薄い
■ 記憶があいまい
■ 歯が無い
■ 大小便がコントロールしがたい
■ 力が弱い など

どうでしょう?確かによく似ていると思いませんか?
それは何故かと言うと、上右図の様に、『生命力の量』の盛衰という観点から視ると、昇りと降りの違いはあっても子供と老人は同じ位置にいるからです。
これは、東洋医学では『腎精』と呼ばれる生命力の総量の変化によるものとされています。つまり、先に挙げた特徴は青壮年であっても、症状として現れる場合は、『生命力の量』の問題として治療を進めます。
「こどもと老人って似てるな~。」と思った時、認知症の治療を思いつきました。

突き詰めると、不妊もここへつながります。

LINEで送る
Pocket

関連記事

  • お電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
    ※お問い合わせの前に、必ず下記の「治療をお断りする場合」をご覧ください。
  • 治療をお断りする場合
  • 杏の日記
  • 臨床研究
  • よくある質問"
  • 患者様の声"
  • 研修生の声
  • 研修制度について
  • 求人情報

メディア掲載情報

  • クロワッサン
  • パクロス
ページ上部へ戻る
杏総合治療所
◆住所
 〒534-0021
 大阪市都島区都島本通2-11-8
 アベニール1F
◆TEL&FAX
 06-6925-2323