an's diary 杏の日記, おりもの, 女性の治療

白帯(白いオリモノ)の分類と原因と対策【東洋医学】

LINEで送る
Pocket

1.白帯(はくたい)とは?

白帯とは膣粘液が増加して於尾状に流れ出るもの白色のオリモノを言います。
正常な場合にも腟内には少量の白色粘液があり、においや局所の刺激症状を伴わず、膣粘膜を潤滑に保ち、保護しています。
妊娠初期や月経前後に白帯が多くなるのは正常なことですので、本項には含みません。

 

2.分類

東洋医学的には白帯を以下の4つのタイプに分類して、治療や養生指導を行っていきます。
自分がどのタイプなのかを知ることは治癒への第一歩です。
それぞれの特徴的な症状をチェックして、一番チェック数が多かったタイプの解説・対策法を参考にしてみてください。

 

2-1.脾虚タイプ








 

2-2.腎去タイプ






 

2-3.湿熱タイプ



 

2-4.痰湿タイプ








 

3.解説とワンポイントアドバイス

3-1.脾虚タイプ

【解説】
胃腸が弱って起こるために起こるもので、多量の粘るオリモノが疲労により増強するのが特徴的です。

 

【ワンポイントアドバイス】
胃腸に負担をかけないように気をつけてください。
具体的には消化の良いものをよく噛んで食べる、早食いしない、ながら食べしない、夜は寝る2,3時間前には食べ終わっておくなど。
冷たいものや生ものは胃腸に負担をかけますので控えめにしてください。

 

3-2.腎虚タイプ

【解説】
体力の低下により起こるもので、多量の薄いオリモノが流れ出るように出るのが特徴的です。

 

【ワンポイントアドバイス】
とにかく早く寝ることが重要です。
遅くても23時には寝られるようにしてください。

 

3-3.湿熱タイプ

【解説】
カラダの中の余分な水分が熱を持つことで起こるものです。
多量の乳白色のチーズ状のオリモノが出ることが特徴的です。

 

【ワンポイントアドバイス】
脂っこいもの、甘いもの、お酒のの飲みすぎには注意しましょう!
ハトムギ茶やキュウリなどの瓜の仲間は余分な水分と熱を取り除く作用がありますので、おすすめです。

 

3-3.湿痰タイプ

【解説】
カラダの中の余分な水分が集結して起こるものです。
多量の粘りのあるオリモノが出ることが肥満の方にみられることが特徴的です。

 

【ワンポイントアドバイス】
東洋医学でいう「脾」の働きの1つとして、カラダの中の水分代謝を司る働きがあります。
その為、脾の機能を強くすることは、この湿痰タイプの方にはとても重要です。
東洋医学では、手足をよく動かすことによって脾の働きを強くなると考えます。手を振ってよく歩くことから始めましょう。
さらに脾に負担をかけないように、消化の良いものをよく噛んで食べるようにしてください。
冷たいものや生ものも脾に負担をかけるので、控えめにしておいた方が良いでしょう。

 

4.まとめ

皆さんはどのタイプだったでしょうか?
今回のチェックでは大まかに自分がどのタイプなのかお分かりいただけたのではないかと思います。
しかし、細かな正確な体質分類は専門家でなければできませんので、お近くの良い鍼灸院をお選びください。

また、各タイプ別のワンポイントアドバイスはタイプが正確に決定できてこそ効果があります。
このワンポイントアドバイスによって症状が悪化したなどの場合、当サイトでは一切責任を負いかねますので、ご了承ください。

 

東洋医学では、オリモノの色彩や性状も女性の体調の重要な情報・指標で治療対象になります。

オリモノはこちら↓

白帯(白いオリモノ)の分類と原因と対策【東洋医学】

黄帯(黄色いオリモノ)の分類と原因と対策【東洋医学】

赤白帯(白色と血性のオリモノの混合)の分類と原因と対策【東洋医学】

 

 

参考文献:中医研究院 趙金鐸(1987)『症状による中医診断と治療 下巻』神戸中医学研究会編訳,燎原書店.

関連記事:

★めまいを原因と症状から対策!【東洋医学の6タイプ分類】

 

にほんブログ村

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
大阪府大阪市都島区にある鍼灸院 「オリモノの異常」なら杏総合治療所
谷町線都島駅から徒歩30秒。
JR環状線桜ノ宮駅より徒歩8分。
東洋医学を正しく研究・理解・実践・普及し、世界を治す。

◆Webサイト:http://an-sogo.com/
◆電話でのお問い合わせ:06-6925-2323
◆メールでのお問い合わせ:info@an-sogo.com
◆診療時間:平日9:00~12:30・16:00~19:30
※火・木・土曜日は9:00~12:30
◆定休日:日曜
◆住所:〒534-0021 大阪市都島区都島本通2-11-8アベニール1F
◆駐車場:近隣のコインパーキングをご利用ください。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

LINEで送る
Pocket

関連記事

  • お電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
    ※お問い合わせの前に、必ず下記の「治療をお断りする場合」をご覧ください。
  • 治療をお断りする場合
  • 杏の日記
  • 臨床研究
  • よくある質問"
  • 患者様の声"
  • 研修生の声
  • 研修制度について
  • 求人情報

メディア掲載情報

  • クロワッサン
  • パクロス
ページ上部へ戻る
杏総合治療所
◆住所
 〒534-0021
 大阪市都島区都島本通2-11-8
 アベニール1F
◆TEL&FAX
 06-6925-2323