an's diary 杏の日記, 症例, 膝の痛み

【膝の痛み】痩せた!ダイエット?いいえ、鍼と養生です。

LINEで送る
Pocket

…ん?なんか痩せてる??

都島の鍼灸院、杏総合治療所の研修生しょーじです。
今日来られた患者さんは、所長が主に健康管理で10年以上診せていただいています。
今はありませんが、もともと膝の痛みで通院されていました。

この方、所長がふと気がつくと、最初に診せていただいていた時よりも痩せている気が…
「もしかして、10キロ以上痩せてる…?!?!」と思い、聞いてみると、やっぱりそのようです。
10数年間で、ぴったり10キロ痩せたんだとか。

所長が治療すると特にダイエットしなくても太り気味の人は痩せていきます。
中には、1か月で5キロ以上痩せて、患者さんが「ガンじゃないかしら?」と心配する人もいます。
どんどん元気になって、ツヤッツヤになっているのでもちろん違います(笑)。

 

湿痰タイプ

この方の体質は東洋医学でいうところの「湿痰」タイプです。
その為に膝が腫れて痛んでいると診立て治療していました。

湿痰とは、カラダの中の余分な水分のことを言います。カラダの特徴として、肌のキメが細かく、ポチャポチャした感じがあります。
実際に太っているのではなく、むくみで太っているように見える方も多くおられます。
湿痰が増えすぎると、膝の痛みだけでなく、メニエール病や脳卒中、パーキンソン病などの病気になる傾向があります。

 

湿痰タイプの要注意食材

この患者さんはとてもグルメな方で、中でもお刺身とお酒が大好きな方でした。
しかし、お刺身は「寒湿」という性質を持っています。
カラダを冷やし(寒)、余分な水分を溜める(湿)という性質です。
そのため、湿痰タイプの方がお刺身を食べると、普段から多い余分な水分がより多くなってしまいます。
ですから、このタイプの方にはには最も合わない食べ物なのです。
ちなみに、冷酒やビールも「寒湿」の性質を持ちますので、冷酒、ビールとお刺身の組み合わせは最悪ですσ(^_^;)

話が逸れますが、ショウガは「燥熱」の性質です。お刺身とは反対の性質です。
だからお寿司には、ガリが付いて来るんだ、と所長はよく言っています。
食べ物のメリットを活かし、デメリットを打ち消すためなんですね。
昔からある食べ物の組み合わせは、東洋医学的にみてみると理に適ってることが多いそうです。
本来的な使い方とは違う、所長の「オレ語」ですが、こういうのを指して「マリアージュがある」といいます。
続けて「男女もこうじゃないとねー」って…(笑)。

 

真面目にコツコツ10余年…

話を戻して、普通、病院では体重が重めで膝が痛い人は痩せるように言われることが多いです。
しかし、所長は特に食事制限は指示していませんでした。
ただし、大好きなお刺身と冷酒やビールを当初から控えてもらうよう所長は指示していました。
さらに、よく歩くこと、早く寝ること、食べた方がよいもの…などなど、細かい生活習慣の指導もさせていただいていました。

この患者さんはとても真面目な方でできる限り実行されていたようです。
さらに治療も継続的に行っていました。
10余年です…!!

その結果、基本的にもともとの体質は変わらないものなのですが、湿痰によるポチャポチャした感じもなくなり、全体的にスマートになりました。
現在、この患者さんは74歳になりました。
2016年のデータによると、元気になんでも1人でできる健康寿命は74.79歳となっております。まだまだいけそうです。

 

予防医学の証明の難しさ

「予防医学」というものが最近は言われるようになっています。
「この病気がこの治療によって改善した」といことを実証するのは簡単です。
しかし、「この治療をしたから、病気にならなかった」と予防できたかどうかを証明することは難しいと思いませんか?
それなりの観察数と観察期間が必要だからです。
それでも、所長のように20年治療していると、今回の患者さんのような症例も出てきます。
現在でも、長期間治療している方たちのある傾向が徐々に見えてきていますので、これについてはまた後日、記事にしようと考えております。
(ちょっとだけお話すると、脳卒中、認知症、不妊症などが一般的な比率よりはるかに少ない。というか、いない!!
乞うご期待!!

 

関連記事:
不妊体質を改善する!【補足:緑茶は絶対アカン!について】(→お刺身と同じように「湿痰」を溜める緑茶のお話です。)

めまいを原因と症状から対策!【東洋医学の6タイプ分類】(→「湿痰」が原因で起こる症状のひとつに『めまい』があります。)

 

にほんブログ村

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
大阪府大阪市都島区にある鍼灸院 「膝の痛み」なら杏総合治療所
谷町線都島駅から徒歩30秒。
JR環状線桜ノ宮駅より徒歩8分。
東洋医学を正しく研究・理解・実践・普及し、世界を治す。

◆Webサイト:http://an-sogo.com/
◆電話でのお問い合わせ:06-6925-2323
◆メールでのお問い合わせ:info@an-sogo.com
◆診療時間:平日9:00~12:30・16:00~19:30
※火・木・土曜日は9:00~12:30
◆定休日:日曜
◆住所:〒534-0021 大阪市都島区都島本通2-11-8アベニール1F
◆駐車場:近隣のコインパーキングをご利用ください。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

LINEで送る
Pocket

関連記事

  • お電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
    ※お問い合わせの前に、必ず下記の「治療をお断りする場合」をご覧ください。
  • 治療をお断りする場合
  • 杏の日記
  • 臨床研究
  • よくある質問"
  • 患者様の声"
  • 研修生の声
  • 研修制度について
  • 求人情報

メディア掲載情報

  • クロワッサン
  • パクロス
ページ上部へ戻る
杏総合治療所
◆住所
 〒534-0021
 大阪市都島区都島本通2-11-8
 アベニール1F
◆TEL&FAX
 06-6925-2323