子供の治療ブログ, 症例

子供の噛みつき癖

LINEで送る
Pocket

211497e9ffb96a0640680ad2c2bd3b19_s

 

時々、幼児の『噛みつき』を治せるか?と聞かれます。

先日も、Mちゃんのお母さんに相談されました。

結論を言えば、小児鍼で治せます。東洋医学的に言えば、『肝気』の問題だからです。

しかし、お母さんの『覚悟』が必要です。

 

こどもの『噛みつき』で思い出すのは、Kくんの場合です。

Kくんのおばあさんは、以前から腰や膝、肘が痛くなった時や「橈骨神経麻痺」と言って手が使えなくなる病気になった時、その都度治療していました。

その縁で、おばあさんの息子さん、つまりKくんのパパが過換気症候群を繰り返したときや、娘さんのアトピー、ひいおばあさんのめまいや腰痛を治してきました。

そのような関係でKくんの『噛みつき』を治せるか、と相談されました。

結果はと言うと、たった一回の治療で無くなってしまい、私自身も大変驚きました。

ただ、一方で「さもありなん」と思う事があったのです。

 

Kくんのママはわずか16歳でした。

正直に告白すると、初めは、「ちゃんと育てられるのだろうか」と怪しんでいました。

ですが、Kくんの扱い方、私の話の聞き方を見て、「このコは相当度胸が据わってしっかりしている。」と考えなおしました。

当治療所では、「かみつき」の養生指導は、母親にとってかなり苦痛を伴う事を指示します。

大抵のお母さんは、聞き返すか難色を示します。

しかし、Kくんのママは、私の目をじっと見据えて、私の説明をうなずきながら、表情も変えず、真剣に聞いていました。

話し終わっても、何の質問もせず、「出来るか?」と言う私の問いに、ただ「はい」と私の指示を実行することを約束してくれました。

結果、たった一回で治してしまったのです。

私も2児の父親ですが、親が子供にしてあげられることは、本当はそう多くないと思っています。

Kくんの両親はまだ幼く、周囲の手助けが無くては生きていくのが困難です。

不本意ながら、沢山の人に支えられて、やっと親子三人生きていける事、それを本人たちは十分に自覚している様に見えました。

もしかしたら、出産まではもっと簡単な事と思って居たかも知れません。

2人だったら意地を張れたかも知れません。周囲も助けなかったかも知れません。

しかし、Kくんがいます。でも、2人には力がありません。

だからこそ、自分が子供にしてあげられる僅かな事を全力でしてあげたいと思って居たのでしょう。

Kくんのママにはそれがにじみ出ていました。

 

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
大阪府大阪市都島区で「不妊症」の鍼灸治療なら 杏総合治療所
谷町線都島駅から徒歩30秒。
JR環状線桜ノ宮駅より徒歩8分。
健やかな妊活、穏やかな出産、賢い子育てを手助けします。

◆Webサイト:http://an-sogo.com/
◆電話でのお問い合わせ:06-6925-2323
◆メールでのお問い合わせ:info@an-sogo.com
◆診療時間:平日9:00~12:30・16:00~19:30
※火・木・土曜日は9:00~12:30
◆定休日:日曜
◆住所:〒534-0021 大阪市都島区都島本通2-11-8アベニール1F
◆駐車場:近隣のコインパーキングをご利用ください。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

LINEで送る
Pocket

関連記事

  • お電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
    ※お問い合わせの前に、必ず下記の「治療をお断りする場合」をご覧ください。
  • 治療をお断りする場合
  • 杏の日記
  • 臨床研究
  • よくある質問"
  • 患者様の声"
  • 研修生の声
  • 研修制度について
  • 求人情報

メディア掲載情報

  • クロワッサン
  • パクロス
ページ上部へ戻る
杏総合治療所
◆住所
 〒534-0021
 大阪市都島区都島本通2-11-8
 アベニール1F
◆TEL&FAX
 06-6925-2323