症例, 認知症

認知症 症例2 80代女性

LINEで送る
Pocket

961ad5985467a25c3514f77e56452a71_s

症例2 80代女性

【主訴】

肩と首の痛み

【その他】

物忘れ、妄想、過食と拒食の反復、軟便下痢、不眠、嗜眠(眠たがる)

【病歴】

さしたる原因無く、首肩の痛みが発症したため、整形外科受診。

ただ、本人は物忘れ(記銘力低下)、妄想が激しく、コミュニケーションが難しいので娘さんに伴われ来院。

頸椎に年齢相応の変性はあるものの、それが原因とする根拠は乏しい。

また、高齢ということもあり、手術を積極的に推進すべき材料も無いため、鍼灸治療で様子を見ることとなった。

【治療経過】

順調に食欲が安定し、便通も安定してきた。夜もよく寝ているようだ。

それにつれ、首肩の痛みを訴えなくなってきた。

初期には、『胸が痛い。心臓に針を刺された。』などと妄想が激しいため(もちろん、そんなことしてない)、娘さんに治療を見ててもらった。

コミュニケーションも比較的良化し、私の事も解るようになり、最近は妄想が減り、扱いやすくなり、娘さんも付き添いに来なくなってきた。

主訴が消失したので話し合いの結果、終了とした。

 

【解説】

東洋医学の症候分類「心脾両虚証」で治療した。

東洋医学で言う「脾蔵」の病証は、食欲減退、軟便下痢、腹部膨満感、味覚異常、疲労倦怠感、嗜眠などである。

そのため、脾蔵は消化吸収系の機能を指すと考えられている。

また、東洋医学で言う「心蔵」は、下記のの機能と病証を持つ。

①血脈を司る(血液循環)

病証:動悸、不眠、健忘、多夢など

②神明を司る(精神・意識活動)

病証:心煩(胸がもやもやする)、不眠、健忘、精神・意識障害、うわごとなど

③舌に関係する。

病証:舌口のできもの、言語障害

 

関連記事

★認知症 症例1 70代男性

★認知症 症例2 80代女性

★認知症 症例3 90代女性

★認知症を考える。

★認知症を考える。その2

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
大阪府大阪市都島区にある鍼灸院 「アルツハイマー病」なら杏総合治療所
谷町線都島駅から徒歩30秒。
JR環状線桜ノ宮駅より徒歩8分。
東洋医学を正しく研究・実践・普及し、世界を治す。

◆Webサイト:http://an-sogo.com/
◆電話でのお問い合わせ:06-6925-2323
◆メールでのお問い合わせ:info@an-sogo.com
◆診療時間:平日9:00~12:30・16:00~19:30
※火・木・土曜日は9:00~12:30
◆定休日:日曜
◆住所:〒534-0021 大阪市都島区都島本通2-11-8アベニール1F
◆駐車場:近隣のコインパーキングをご利用ください。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

LINEで送る
Pocket

関連記事

  • お電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
    ※お問い合わせの前に、必ず下記の「治療をお断りする場合」をご覧ください。
  • 治療をお断りする場合
  • 杏の日記
  • 臨床研究
  • よくある質問"
  • 患者様の声"
  • 研修生の声
  • 研修制度について
  • 求人情報

メディア掲載情報

  • クロワッサン
  • パクロス
ページ上部へ戻る
杏総合治療所
◆住所
 〒534-0021
 大阪市都島区都島本通2-11-8
 アベニール1F
◆TEL&FAX
 06-6925-2323